【パート・バイト】”100万円の壁”について税理士事務所職員がまとめる!【住民税】

”100万円の壁”

ご存じない方も多いのではないでしょうか。

おそらく、”103万円の壁”はほとんどの方が聞いたことがあると思いますし、簡単には理解されていると思います。

実は”103万円の壁”の他にも壁がいくつかあることをご存知でしたか?

”100万円の壁”、”130万円の壁”、”141万円の壁”や”106万円の壁”など、いろんな壁があるんです。壁作りすぎですよね。一本にまとめてくれればどれだけ簡単か。
それぞれの壁によって、奥さんや旦那さんの税金や社会保険料に関わっています。

今回はその中から”100万円の壁”についてまとめました。この機会に知っていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

これから先の前提条件

  • 所得控除(生命保険料控除等)・税額控除(住宅ローン控除等)は無し

で考えようと思います。

100万円の壁

「100万円の壁=住民税を支払うかどうかのライン

厳密に言うと、各市町村によってこのラインは上下します。詳しくは後述します。

ひとまず住民税の計算方法を簡単にご説明

住民税の額がどうやって計算されるかというと、

①:所得金額ー65万円(給与所得控除)ー33万円(住民税基礎控除)=課税所得

※給与所得控除&住民税基礎控除は給与受給者なら誰でも適用。

②:課税所得×税率=住民税所得割額

※税率は市町村により異なる。ここでは10%で計算。

③:5万円(所得税基礎控除との差額)×5%=調整控除

※調整控除は説明すると長くなるため、こんなんがあるってことだけ知っておいてください。

④:所得割額+均等割額ー調整控除=年間住民税額

※均等割は一定の所得以上で必ず支払う住民税。市町村により異なる。ここでは5千円で計算。

で計算されます。

では、1年間の給与(額面)が120万円だった場合の住民税額を計算してみましょう。

①:120万円ー65万円ー33万円=22万円

②:22万円×10%=2.2万円

③:5万円×5%=0・25万円

④:2.2万円+0.5万円ー0・25万円=2.45万円

よって年収120万円の方の年間住民税額は、24500円となります。

※別途所得税がかかりますが、ここでは計算しません。
※103万円を超えると、扶養には入れません。
(配偶者の場合、扶養には入れないが配偶者特別控除がある)

住民税の非課税対象

以下の3つの内いずれかに該当する方は「所得割」「均等割」の両方が非課税になります。

①生活保護受給者

②未成年者・障がい者・寡婦(寡夫)で前年の合計所得金額が125万円以下

前年の合計所得金額が市町村の定める額以下(扶養家族がいない場合、基本的には35万円)

100万円の壁とは”住民税の非課税対象”のこと

住民税の非課税対象者の③に該当する人たちのことを言います。

具体的に計算していきます。

合計所得≦35万円=非課税

合計所得=所得金額ー65万円

所得金額ー65万円≦35万円=非課税

よって、

100万円ー65万円≦35万円 → 非課税

100万1円ー65万円>35万円 → 課税

となります。

シビアですが、100万円を1円でも超えると住民税がかかってきてしまいます。

ちなみに100万1円の場合の住民税

100万円の場合住民税は払わなくてもいいので、手取り収入も100万円です。

ちなみに1円多く稼いで、100万1円になってしまった場合の住民税はいくらになるのでしょうか。

計算していきます。

①:100万円1円ー65万円ー33万円=2万円
※切り上げです。②:2万×10%=0.2万円

③:調整控除は無し(所得税が非課税のため)

④:0.2万円+0.5万円=0.7万円

1円多く稼いでしまったがために、年間7,000円も住民税が増えてしまいました。

年間の手取りは993,001円に減ってしまいました

100万円の壁は市町村により異なる

均等割の非課税範囲が国が決めた級地区分により異なります。

扶養している人がいない場合

1級地
前年中の所得が35万円以下(給与所得100万円)

2級地
前年中の所得が32万円以下(給与所得97万円)

3級地
前年中の所得が28万円以下(給与所得93万円)

となります。

自分の住んでいる地域の級地区分は「厚労省のHP(お住まいの地域の級地を確認)」でお調べください。

まとめ

あまり馴染みのない”100万円の壁”を取り上げてみました。

ポイントは2つ

  • 非課税の金額は市町村により異なるので必ず確認
  • 1円でも超えると住民税がかかる

になります。

103万円に気を取られすぎてうっかり100万円を超えないようにしてくださいね。

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*