好決算翌日に株価が下がる理由について雑感

ずぶです。

昨日購入したSHIFTが好決算にもかかわらず株価下落しました。
原因がわからず混乱中です。

好決算にもかかわらず株価が下がるという、初心者にとっては不思議な現象について調べ、自分なりにまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

検索してみた

「好決算 株価」「好決算 株価が下がる」などで検索してみました。

すると株式投資に明るい方たちの見解がたくさんでてきましたので、それらを自分なりにまとめるてみました。

①株価が好決算を織り込み済みであり、決算の数字が期待値を下回っていると失望売りで株価が下がる

②決算発表までは買う理由が多いため買い手が増えるが、決算発表後は売る理由が多くなるため売り手が増え株価が下がる

こんなところでしょうか。
現在の株価がどこまで織り込まれているかどうかを含めて判断する必要があるってことですね。勉強になりました。

もう一つの疑問「株はなぜ上がる」

そもそも株価はどういった理由で上がるのでしょうか。
こちらもグーグル先生に質問してみてまとめます。

【株価の上昇理由】
買いたいと思う人が増えれば増えるほど株価が上がる。
買いたいと思う人が増える要因は

①業績が良い・上方修正
②配当が多い・多くなる
③優待の新設・拡充
④〜関連銘柄
⑤買収・合併

他にも様々あるようですがこんなところですか。
①②④は事前にわかる場合があるため株価に織り込まれやすい。①(大幅な上方修正)②(大幅な増配)③⑤はまず事前にはわからないためサプライズで株価が上がりやすい。

なるほど。サプライズが大きければ大きいほど買い手が増え株価が上がっていくというわけですね。当たり前ですね。

自分なりの結論

ということは自分が株価上昇の恩恵を受けたければサプライズ発表が起こってからではなく、その前になんらかの方法で察知し事前に買っておく必要がある、ということですか。ハードルが一気に上がりました。

しかしながら株で巨万の富を得ている人が実際にいるわけですから、その「なんらかの方法」は絶対あると思うのが自然ですよね。

まだまだしばらくは研究に励む必要がありそうですね。

関連記事 わかりにくい株式投資の格言を、わかりやすく恋愛(男目線)に例えてみた

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*