【ミリオネア・マインド】僕がお金のために読んだ本

こんばんは。ずぶです。

さて急ですが、皆様はお金は好きですか?

大ベストセラーの「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズを読んでから積極的にお金に関する本を読むようになりました。金持ちの思考、行動などの本を数冊読みました。

そういうわけで、今日はそんな本の中からハーブ・エッカー著「ミリオネア・マインド」を簡単にレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ミリオネア・マインド

ハーブ・エッカー著 本田健 訳

この本は大まかに第1章と第2章から構成されています。

第1章では人間が必ず自分の中にある”お金の設計図”をお金持ちの施行に書き換える重要性と、その書き換え方が書かれており、第2章ではお金持ちが実際に考えたり行動している”ミリオネア・マインド”を17個紹介しています。

では各章を簡単に説明していきますね。

第1章 ”お金の設計図”

お金の設計図とは、お金に関してどんな価値観や思い入れが心、そして潜在意識に刻まれているかを示した図である。この内面にある設計図が、あなたの経済状態をどんな要因よりも大きく左右する。

引用:ミリオネア・マインド

つまり、今の経済状況というのはお金持ちになるのに何も影響しない。影響するのは自分の心理的な要因や、潜在意識を変えていく必要があるようです。

さらに著者は続けます

言葉…小さいときにどんな言葉を聞いて育ったか。
お手本…小さいときにどんな人のどんな行動を見て育ったか。
トラウマ的体験…小さいときにどんな経験をして育ったか。

引用:ミリオネア・マインド

これは潜在意識の問題です。

例えば小さいときに親や友達などから「お金持ちは欲張りばっかりだ」とか「お金持ちは汚い」などの言葉を聞いて育てば、潜在意識的にお金を持つことに嫌悪感を覚えるかもしれません。

重要なのは”お金の設計図”を書き換えること

小さいときに聞いた言葉や経験したことは今からでは修正することはできません。

重要なのは、過去のお金持ちにふさわしくない言葉や行動・思い出をきっぱりと忘れること、そしてお金持ちにふさわしい思考や思想・行動に書き換えていくことです。

そして第2章では具体的な方法(ミリオネア・マインド)が17個紹介されています。

第2章 17の「ミリオネア・マインド」

このしょうでは「お金持ちになれる人は○○、お金に縁のない人は××」という形で17個書かれています。

その中から気になったものを2つほど紹介します。

金持ちになれる人は「絶対に金持ちになる」と考える

”お金に縁のない人は「金持ちになれたらいいなぁ」と考える”

確かに経済的に成功している人に「できればお金持ちになりたい」と考えている人はいなさそうですよね。

ここでさらに書かれているのは

  • ”お金は考えが一貫していない人を嫌う”
  • ”一生懸命は通用しない”
  • ”奇跡の力が応援してくれるのは1000%の覚悟”

自分の才能、信念、努力を信じ疑わない人が成功に近づいていくんだと思います。

金持ちになれる人は「成果」に応じて報酬をもらう

”お金に縁のない人は「時間」に応じて報酬をもらう”

ここではさらに

  • ”時間を切り売りしていないか”
  • ”固定給より成果給、サラリーマンより独立を”

ここはなかなか難しい。

現実的に生活がありますし、結婚している人ならなおさらですよね。こういう考えがすでに”お金に縁のない人”なんでしょうね。

まずは僕の”お金の設計図”を書き換える必要がありますね。

まとめ

本を読んだまとめをつらつらと書き連ねてみました。

要は金持ちになりたければ、今すぐに行動しろってことですね。

これから様々なチャレンジを計画中です。

このブログもそのチャレンジの一環です。今後はもっと面白いことが起きそうでワクワクしております。

このブログでご報告できることを楽しみにしておきます。

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*