こんな意外なところにも税金が!?

ずぶです。

プロフィールはこちら

消費税・所得税・住民税・法人税・相続税・自動車税etc

現在日本には46種類の税金があります(財務省ホームページより)
これを全部知ってる人はほとんどいないと思います。普段から税金に身近な仕事をしている僕も全部知らないです。

上に挙げたような、普段から聞く機会が多い税金については知っているかと思います。
しかし、中には全然聞いたこともないような税金や身近なところにも税金がかけられております。

今日はそんな意外な税金たちをまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1、ゴルフ場利用税

ゴルフ場を利用した時にかかる税金です。

仕事柄、社長の経費を見る機会が多いですが、やっぱり社長はゴルフ好きですね。結構な割合でゴルフ場の領収書を見かけます。
なかには、仕事してる?ってぐらいゴルフしてる社長さんもいます。うらやましい限りです。

税収額は2014年で479億円。市町村や都道府県にとっては重要な財源です。
しかし、ゴルフは2020年の東京五輪の正式競技になったのも影響して「スポーツに税金をかけるべきではない」との論争も強まってます。

どうなることやら。今後も注目していきます。

2、入湯税

温泉地の温泉に入浴した時にかかる税金です。

税収額は2012年で218億円。
温泉地の宿泊施設や温泉施設は一人当たり150円を徴収し、市町村に納付しなければなりません。

小学生以下(場合によっては7歳以下)の方、共同浴場(いわゆる銭湯)などは税金がかからない場合が多い。
そのほか自治体によっては、学校行事による入湯(修学旅行など)、日帰り入湯かつ1000円未満は税金免除にしているところもある。

これは自治体によってばらばらみたいですね。

3、たばこ

「たばこ税」「たばこ特別税」「県たばこ税」「市町村たばこ税」の4つもあります。

たばこ税・・・製造所から出荷した時にかかる税金。
たばこ特別税・・・たばこ税と同じ。税率が違う。
県たばこ税・・・小売業者が仕入れたときにかかる税金。本数に応じてかかる。都道府県の税収。
市町村たばこ税・・・県たばこ税と同じ。市町村の税収。

ありすぎ!!

しかも商品価格には消費税も含まれます。
たばこ一箱400円だとして240円が税金です!税負担率は6割!
これは税金がかかる商品の中で最も高い割合です。

そして税収は2014年で2兆1600億円。途方もない金額ですね。

特別編 世界のへんてこりんな税金

独身税(ブルガリア)※現在はなし
独身者にかかる税金。

渋滞税(イギリス)
ロンドン中心部に車を乗り入れたときの税金。

ポテトチップス税(ハンガリー)
塩分・糖分が高い食品などにかかる税金。

へんてこりん。
独身税は偽装結婚が増えそう。21年間独身税があったんですが結婚率への影響は少なかったみたいです。

まとめ

おそらく今後も税金の種類や税負担割合は増えます。

その時に税金をかけやすいのがいわゆる「ぜいたく品」だと思います。
給与が上がっても税金や社会保険料の負担額が増え、相対的に使えるお金が減っていく世の中になっていきそうです。残念ですが。

今後、税金と付き合っていくには税金についていろいろ知って、賢く納税していきたいところです。

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*