貸株サービスのメリットデメリット【お得?危険?】

ずぶです。

プロフィールはこちら

貸株サービスをご存じない方!

デメリットももちろんありますが、内容を十分に理解し、それが許容範囲に感じるのであれば非常に魅力的なサービスです!

今日はメリットデメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

貸株サービスとは?

その名の通り、自分が保有している株証券会社にを貸し、貸出金利を受け取るサービスです。
そのまんまですね。

大手どころの証券会社であればほとんどが貸株サービスはあります。

その中でも僕が利用している楽天証券やSBI証券、カブドットコム証券あたりは取り扱い銘柄数が多いです。

どうやって利用する?

証券会社ごとに異なります。

僕は楽天証券しか使ったことがないので一例として楽天証券でご説明を。

まずは貸株サービスの申込から始めなければなりません。手順通りに進めば問題ないためここは割愛。しっかりと確認書類は確認してくださいね。

申込完了後は

トップページ → 国内株式 → 貸株 → 貸株一覧 貸出・返却

で設定します。

おそらくどこの証券会社も大体同じはずなので頑張って探してください。

金利優先と優待優先

選択した内容によって、決算時期に株主優待などの受取り方が変わります。

金利優先:
権利確定日前後も貸株金利を受け取り続けます。配当金や株主優待は受け取れません。ただし配当金は配当金相当額として入金されます。

優待優先:
貸株サービス利用時でも株主優待の受け取りを優先します。権利確定日前に自動で返却され、権利確定日後に自動で貸し出されます。返却された期間は貸株金利は受け取れません。

証券会社は借りた株をどうする?

証券会社は借りた株を株式市場を通じ、その他(ファンド等の大口投資家)の投資家に貸し出します。そして貸株料を受け取る仕組みです。

僕たちが受け取る金利はこの貸株料の一部というわけです。
証券会社はこの貸株料と支払金利の差額で利益を出しているんですね。

貸株サービスのメリット

①貸し出すだけで毎日金利が受けとれる!

しかも!土日も金利を受け取れるんですよ!お得!

②最低金利は0.1%で、銘柄によっては20%という高い金利が付くものもある!

楽天証券では1%以上の金利が付く銘柄は約300銘柄!

③「優待優先」を選んでいれば株主優待も自動で受け取れるのでもらい忘れなし!

※金利計算方法と入金方法は各証券会社でお調べください。

貸株サービスのデメリット・リスク

保有銘柄を貸し出している間は保有権がない状態となります。よって以下のデメリット・リスクが生じます。

  1. 証券会社が倒産した場合は全株失うことになる。
  2. 長期保有で優待内容が変わる銘柄の場合、株主優待が受け取れなくなる。
  3. 配当金を配当金相当額で受け取った場合は総合課税される。

1:
貸株中の株は証券会社名義となっているため、投資者保護基金の保証は受け取れません。しかし、大手証券会社がすぐに倒産するとは考えにくいでです。(山一証券の例がありますが・・・)

2:
銘柄によっては、「1年未満で△△1年以上継続保有で〇〇」という銘柄があります。先ほどから何回も言ってますが、貸株中の株の名義は証券会社です。長期保有による恩恵は受け取れません。

3:
少しややこしいですが、税金面で不利になります。

配当金相当額は源泉徴収後の配当金と同額が入金されます。その金額は「雑所得」扱いになります。配当金相当額は、確定申告した場合、そこからさらに税金がかかってきます。

しかも、配当金で受けった場合は配当所得になり「配当所得控除」が使えるのですが、配当金相当額は配当金控除を受けられません。

※会社員で年末調整済、年間の給与の額が2000万以下の会社員、給与以外の副収入が20万以下の方他、は確定申告不要。

ずぶの考え

僕は貸株サービスを知り、デメリットを理解したうえで、非常にお得に感じました。毎日なにもしなくても数円~数十円貯金が増えるんですよ!

お得感満載じゃないですか!

僕が保有している銘柄で「モバイルクリエイト(3669)」の貸株金利は2%です。
2%ですよ!2%!

【モバイルクリエイト】銘柄考察
こんばんは。ずぶです。僕が保有している銘柄の中に「モバイルクリエイト」があります。1...

現在の銀行預金金利は知ってますか?

都銀で0.001% ネットバンクですら0.01%~0.1%ぐらいです。僕は全銘柄を購入後に自動ですべて貸し出す設定にしております。

普通預金金利の何十倍はやらない手はないと思います。

デメリットについては、「優待優先」に設定しておけば自動で返却・貸出されるのでほぼ問題なし。あとは楽天証券が倒産しないことを願うばかりです。ほぼそんなことはないと思いますけどね。

まとめ

貸株サービスはお得に感じましたか?それともデメリットが大きく感じましたか?
ひとそれぞれ考え方は違いますしね。

先輩方のブログを見てても、全く貸株サービスをやっていない方もいらっしゃいました。それより、このブログを見た方の中には貸株サービスの存在を知らない方もいたのではないでしょうか。

「それぐらい知ってる!馬鹿にすんな!」という方ばかりならすみません。心よりお詫び申し上げます。

知らない方が多少はいる前提で話を進めますが、もちろん僕も株を始めたばかりのずぶの初心者時代(今もですが)まったく知りませんでした。

ですが、今の時代インターネットを開けば株式投資の先輩方が様々な知識・考え方・手法などをブログにしています。まったくしらない初心者からしてみれば大変ありがたいですよね。

僕は貸株サービスはもちろん、その他の株についての知識・考えをブログで教えてもらいました。

次は僕の知っていることをどんどんブログにして、考え方を発信していく番です。このブログも困った方、知らない方や初心者の方が知るきっかけになればうれしいです。

関連記事 わかりにくい株式投資の格言を、わかりやすく恋愛(男目線)に例えてみた

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*