飼い猫にとって家猫と外猫のどっちがいい?メリットとデメリットを考える

ずぶです。

我が家には黒猫(♂4歳)がいます。

自慢していいですか?
これがまためちゃくちゃかわいいんですよ!おそらく日本全国の黒猫の中で一番かわいいんじゃないですかね。

うちの愛猫(「あいひょう」で変換できない…)はずっと家から出ない家猫なんです。
出ないというよりは出さないようにしています。

飼い猫にとってはどっちがいいんですかね?
それぞれのメリットデメリットを考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

家猫のメリット

我が家の猫みたいに外に出さないようにするメリットを挙げてみます。

メリット1、事故がない

うちの猫を外に出さない一番の理由がこれなんですよ。

そんなに頻繁に猫が事故にあうわけではないと思いますが、万が一のことを考えるとやっぱり自由に外には出せないですね。

メリット2、いつでも快適に暮らせる

家猫たちは外の過酷な環境を知らずに、家で快適に暮らせます。

夏は涼しいことが多い、冬は家でぬくぬく過ごせる。
ごはんもいつでも用意されてますし、誰かしらかまってくれる。

これは家猫の特権ですよね!

メリット3、病気をする可能性が下がる

風邪や感染症のほとんどが外からもらってきます。

外に出ない・出さないようにするだけで、あたりまえですが病気の可能性は下がります。

家猫のデメリット

続いて家猫のデメリットです。

デメリット1、太りやすい

ぶくぶく太ります。

外猫に比べて運動する機会が全然ないですからね。

できるだけ遊んであげるようにしてますが、一日16時間(言い過ぎ?)ぐらい寝てるんで太っていきます。

デメリット2、外に慣れていないので脱出した時心配

車が危ないって知ってるんですかね?

うちの猫は相当のビビりなんですぐ逃げると思いますが、家猫たちはちゃんと逃げれるんでしょうか?
家猫が外に出たときのほうが事故率高かったりして。

デメリット3、外の自由な世界を知らずに過ごす

家猫は家猫で自由だと思いますけどね。

でも、やっぱり外に出たがるんです。
「外に出せやごらぁー!!」って言うんですよ。

ちょっとだけかわいそうに思いますね。

外猫のメリット・デメリット

すみません。外猫は飼ったことがないので詳細は不明です。想像で書きます。

外猫のメリット

①自由
いつでも外と家を行ったり来たりして自由気ままに暮らせると思います。

②友達ができる
家猫って猫友達できないんですよ。外猫は(たぶん)友達がいっぱいいるんじゃないですかね。

外猫のデメリット

①事故にあったり病気にかかりやすい
家猫のメリットの逆ですね。自由に外をうろうろしたり、スズメやねずみなんかを捕まえることもあるんで、こういうことになりやすいです。

②家に鍵がかかってたら入れない
職場の近所の猫はよく外でじっとしています。たぶんあれは家に入るタイミングを逃して待ってるんだと思うんです。

まとめ

実際に飼い猫がどう思っているか聞きたいところですが、奴らは言葉を喋れません。

我が家では飼い主として事故や病気の心配があるので、外には出さない選択をしました。

記事を書いてるちょうど今、外から猫の叫び声が聞こえてきています。それを聞くと、家でスヤスヤ寝ている我が家の猫はきっと幸せなんだ、と思うことにします。

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*