【ジャイアントキリング】全巻分の表紙をまとめてみた+各巻の簡単なあらすじ【~10巻随時更新】

マンガ史上もっとも好きなマンガが「ジャイアントキリング」

ども! 当ブログ管理者”ずぶ”です!

自慢できるほどマンガを読んでいるわけじゃないですが、ジャイアントキリングが今まで読んだ中で一番面白い。もちろん全巻持ってます。

そして、好きすぎるのでジャイアントキリングの表紙を全巻分まとめて記事にしてみようと思いました。プラス各巻の簡単なあらすじもご紹介していきます。まあ全巻といっても、まだ続いているため随時更新という形になりますね。

では、今まで意識していなかったであろう表紙を存分にお楽しみください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1巻

達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!!

Amazon内容紹介より

物語の始まりはサッカーの母国「イングランド」。

イングランド5部のアマチュアクラブで監督をしている達海猛(タッツミー)。そして、ETUの監督要請のため、達海のもとに訪れたGM後藤と広報永田。しかし、莫大な違約金を要求され交渉は難航中。

聞く話によると、どうやら次の試合は1部のプロチームとの対戦らしい。

そこで、達海はこう言う

弱いチームが強い奴らをやっつける

勝負事においてこんな楽しいこと
他にあるかよ

はたして1部相手にGIANT KILLINGは起こせるのか? ETUの監督になれるのか? 達海を中心に今まで見たことのない物語が始まります!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(1) (モーニング KC)

2巻

無事ETUの監督に就任したタッツミー。

シーズン開幕前のキャンプが始まります。しかし予算の都合上キャンプは近所。そして、普通の監督とは一味違うタッツミーは選手達にこう告げる。

自習ー

キャンプはどうなるのでしょうか?

キャンプ終盤のプレシーズンマッチは同じく東京に本拠地を置く昨年王者の「東京ヴィクトリー」。強豪相手に選手たちは太刀打ちできるのか?

達海ETUにとって初めての実践が始まります!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(2) (モーニング KC)

3巻

プレシーズンマッチも後半戦に突入。

タッツミーの戦略は昨年王者に通用するのか? 選手たちの気持ちは報われるのか? プレシーズンマッチはついに劇的な幕切れで決着!

そしてシーズン開幕直前。リーグプレスカンファレンスが開催。各チームの監督が抱負などアピールする場です。

そこでもタッツミーは暴走コメント。そして最後に

まーみてなって

この国の今年のサッカー界…

俺が面白くしてやるよ

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(3) (モーニング KC)

4巻

開幕から絶不調、連敗に次ぐ連敗のETU。そして、ついにはタッツミーからこんな一言が

聞きたいことがあるんだけど

解任まであと何連敗できる?

こんな状況にスカルズ(サポーターのリーダーグループ)もぶち切れで「達海と話させろ!!」とヒートアップ。

そんな最悪な状況で次節は因縁の不破監督率いる名古屋グランパレス戦がキックオフ!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(4) (モーニングKC) (モーニング KC)

5巻

因縁の不破監督率いる名古屋グランパレス戦は、序盤から助っ人ブラジル人トリオのペペ、ゼウベルト、カルロスの三人に翻弄されてばかり。

しかしタッツミーは余裕の表情

俺達は

点を取られなきゃいいんだ

連戦連敗で崖っぷちののETUは、タッツミーの作戦がうまくいき、名古屋を撃破することができたのか!? 先制点は意外な選手が決めた!! ついに決着の時!!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(5) (モーニング KC)

6巻

あの男が返ってきた。

昨季のチーム得点王「夏木陽太郎」。これでFWのポジション争いがさらに激化! しかし現時点のFWファーストチョイス「世良」はエースの復帰に焦りが隠せない。

負けねえっスよ!!

俺だってFWなんだ!!

タッツミーは世良、堺、そして夏木のだれをFWで使うのか!? ポジション争いの激化がチームを強くする!!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(6) (モーニング KC)

7巻

一時の不調から脱出したかのように思えたETU。

しかし次の対戦相手は強豪の「大阪ガンナーズ」。超強力4トップの布陣で今期のリーグ戦負けなしで首位を独走中。

今季負けなしの大阪を

俺達が初めてやっつけるんだ

ほーら 面白いことづくめだろ?

序盤から攻めに攻められETU大ピンチ! 白熱の前半戦!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(7) (モーニング KC)

8巻

覚醒し始める大阪ガンナーズ7番、まだ20歳の「窪田」。キレッキレの窪田を抑えられず好き勝手やられているETU。

そんな中ETUのFW夏木は、何かを悩みながらプレーしていていまいちパッとしない。前日のタッツミーから言われた

お前にとってそのボールって何だ?

チームのボールか? お前のボールか?

夏木をはじめいろいろな選手が掴み始めたETU。怒涛の追い上げなるか!?

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(8) (モーニング KC)

9巻

両手を高く上げ喜ぶタッツミー。これは何を意味しているのか?

そして次の言葉は誰のことなのか?

磨いて磨かないものなんてない

だから期待するんだ 俺は

そういう奴が才能ってもんを凌駕すんのを

あの選手がやってくれた!?

ホイッスルを笑って聞いているのはどっちのチームなのか!? 劇的な幕切れで大阪ガンナーズ戦が終了!!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(9) (モーニング KC)

10巻

激闘の大阪ガンナーズ戦が終了後勝ち星を重ねるETU。

でもどこか不満げなタッツミー。そして

後藤ー

カレーおごってくんない?

大盛りで

急きょ行われたカレーパーティー。それにより一丸になる選手・スタッフ・サポーター、そしてクラブに関わる人。

そして次節は若手が勢いづく「川崎フロンティア」。

村越・ジーノが欠場の中、まさかのあの選手がキャプテンを任され、不安満点のキックオフを迎えます!

Amazonでのお買い物はこちら⇩

GIANT KILLING(10) (モーニング KC)

※随時更新していきます!

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*