年末調整時のマイナンバー提出を拒否したらどうなる?

ずぶです。

もう年末調整の書類は提出しましたか?
早く出してくださいね!じゃないと経理部・総務部や僕たち税理士事務所スタッフがあとあとしんどい思いをするのです。
大変お忙しいとは思いますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

戻ってこないことも!?年末調整を詳しく解説
ずぶです。プロフィールはこちら年末調整をすれば必ずお金が戻ってくると...
さて、みなさんお気づきかと思いますが、今年から年末調整の書類提出時にマイナンバーのコピーの提出を求められていますよね。
拒否したらどうなるか興味ないですか?
罰則あり?おとがめなし?

さてどっちでしょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

提出拒否の結論としては

特におとがめはありません!
罰則もありません!
ですので拒否し放題です!

今までニュースやマスコミがさんざんやってきた無駄に不安を煽っている報道を信じ、「個人情報がダダ漏れになる」とか「預金口座の残高や動きまでバレバレになる」はたまた「犯罪に巻き込まれる」など、こんなことをいまだに言っている人は頑なに拒否してください。
現時点での法律では全く問題ありません。

マイナンバーの提出は義務じゃないの?

そう思いますよね。さんざん今までいろんな報道やニュースを耳にしてますしね。
まずはマイナンバーについての政府広報オンラインQ&Aのホームページを見てみましょう。

Q:マイナンバーの提示を従業員などが拒んだ場合どうしたらいいですか。

A:社会保障や税の決められた書類にマイナンバーを記載することは法令で定められた義務であることを周知し、提供を求めてください。それでも提供を受けられないときは、書類の提出先の指示に従ってください。
(後略)

引用:政府広報オンライン マイナンバーQ&Aコーナー

とあります。

はっきりと”法令で定められた義務”と書いてあります。
ですので提出や提示を拒否する方は、法令で定められた義務ということを理解したうえで拒否するようにしましょう。

大丈夫!現時点では罰則はありませんから!堂々としてればいいんですよ!

マイナンバーの提出・提示を拒否することはリスク?

僕が一番訴えたいとこはここなんです。

普通は会社に提出を求められたら、まず拒否することはないと思いますよ。提出・提示に対して多少の不安や疑いはあったとしても”法令で定められた義務”であることを理解してますから。

そんな状況の中、一人だけ「私は拒否する!罰則もないし不安だから!」と声高らかに宣言してください。きっと会社の周りの人、もしくは税務署や労基署なども疑問を持つと思いません?明らかに目立ちますよね。
そんな疑問を持った税務署や労基署が「この人なんで拒否したんだろう?さては何か悪いことしてるな!徹底的に調べてやる!」となっても不思議ではありません。
無駄に税務署などを敵に回すかもしれませんよ。

これは僕の個人的な考えですけど、こうなる可能性は大いにあると考えてます。

まとめ

忘れないでください!
会社にマイナンバーを提出する義務はあります。なんてったって”法令で定められた義務”なんだもん。

そして拒否するのも自由です。罰則はありません。
でも、ニュースやマスコミの報道を鵜呑みにし、何も考えずに提出拒否するのはやめてください。一回納得いくまでしっかり調べて、自分で考えて行動してくださいね。

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*