伊勢神宮に初詣に行ったので簡単に注意点等まとめ

初詣って好きなんです。

なんかこう気が引き締まるというか、「今年1年頑張ろう!」って気にさせてもらえませんか?日本の良き文化ですよね。

2017年は三重県伊勢にあります「伊勢神宮」に行ってまいりました!

注意点など簡単にまとめてますので2018年以降の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

伊勢神宮とは

三重県伊勢市にあります。正式名称は「神宮」。「伊勢神宮」は通称で正式には地名がついてないんです。「お伊勢さん」とか呼ぶ方もいますよね。

主に内宮(呼び方は「ないくう」)と外宮(「げくう」)の二つがあり、それぞれ「天照大御神」を祀る皇大神宮と、豊受大御神を祀る豊受大神宮のことを呼びます。

天照大神は太陽を神格化したもので、豊受大御神は衣食住の守り神です。

伊勢神宮へのアクセス

【車の方】
東京:約5時間 東名高速→伊勢湾岸自動車道→東名阪自動車道→伊勢自動車道

名古屋:約2時間 東名阪自動車道→伊勢自動車道

大阪:約2時間40分 西名阪自動車道→名阪国道→伊勢自動車道

【電車の方】
東京:高速バス…直通便あり 約9時間
新幹線・電車…名古屋で加速乗り換え 約3時間10分

京都:電車…近鉄特急 約2時間

大阪難波:電車…近鉄特急 1時間45分

詳しくは伊勢市観光協会のホームページがわかりやすいです。

参考 伊勢市観光協会公式ホームページ 伊勢神宮 みちのり

車で行く場合の注意点

日と時間によっては、かなりの渋滞になりますので覚悟が必要。

僕は時間をずらしたので渋滞はしてなかったんですが、目当ての降り口で降りられませんでした!!

カーナビ通りいかないんでかなり焦りましたよ。

どういうことかと言いますと、周辺の混雑回避のために降り口が閉鎖されています。そして三重県営サンアリーナの駐車場に誘導されます。というかそこに向かう道しか行けませんでした。流れ作業です。

ちなみに駐車料金は1000円です。

そこから無料シャトルバスが出ています。内宮までは約15分、外宮までは25分。まあまあの距離ですね。

内宮・外宮両方行きたい場合

歩き:約40分

無料で済ませた方…約40分(スムーズに乗り換えできれば)。一度無料シャトルバスでサンアリーナに戻ってもう一度無料シャトルバスに乗る

直通バス:バスターミナルから出ています。乗車賃は470円。時間は約15分。ICカードも使えます。

伊勢神宮の初詣

初詣時期の参拝客は100万人規模!大混雑です!

特に元旦の午前11時ごろは大混雑中の大混雑!混雑が嫌なら元旦のこの時間はさけたほうが無難ですね。

僕は元旦は避けて、しかもお昼の遅くに行ったのでそこまでの込み具合ではなかったです。それでも賽銭箱前はかなりの行列ができてましたよ。

伊勢神宮での食事

近くにある「おかげ横丁」も大混雑!ご飯食べるのも一苦労です。

「せっかくだし伊勢うどん食べよう!」

って方は時間がかかることを覚悟しておいてください。並ぶのが嫌なら持ち帰り用の伊勢うどんも売ってますのでそちらで済ますのもいいかも。

まとめ

混雑を避けたい場合

  • 元日はさける
  • 時間は遅めを狙う
  • 車ではなく公共の交通機関を使う
  • そもそも行かない

です。

たまには伊勢神宮に行くのもほんとにいいですよ!身が洗われる思いです。
ですが、来年は近くの神社に行くことにします。

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*