楽天市場でふるさと納税したのでレビュー!お得すぎてそのうち規制されるかも

ずぶです。

あっという間に年末になってしまいました。

今年こそはふるさと納税の申込は早めにしようよ思ってたのに結局はギリギリになっちゃいました。ここ数日、ふるさと納税の限度額を聞いてくる社長さんが増えてきたので勝手に仲間意識を持って安心しています。

そんなことより、楽天市場からでもふるさと納税の申込ができることをご存知ですか?

先日ふるさと納税を申し込んだので、お得情報・注意点・操作方法など簡単にレビューしていきます。

正直ビビってます。おそらく、お得すぎてそのうち(近いうちかも)規制がかかって楽天市場でのふるさと納税ができなくなるレベル。むしろやらないと損ですよ。奥さん。

では早速レビュー!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

今回のふるさと納税内容

  • 自治体:佐賀県有田市
  • お礼の品内容:佐賀牛ロース切り落とし1Kg
  • 寄付金額:20,000
  • 寄付の用途選択:有田焼400年記念祭事業

僕がふるさと納税をする理由は、自分のためというより”最愛なる両親への、年に一度の親孝行”のために利用しているようなもんなんです。好感度も上げておきます。

両親とも旅行にしょっちゅう行っていて、温泉連れて行くぐらいじゃまったく満足してくれません。喜ぶのはおいしいもの食べさせたときぐらいです。
なので、

来年の住民税が安くなる&おいしい肉食べてもらえる

両者ともハッピーになれる、ふるさと納税を活用しています。

以前にも記事にしましたが、ふるさと納税での自己負担は2,000円です。

お得!簡単!ふるさと納税の話
ずぶです。プロフィールはこちらみなさまふるさと納税は聞いたことありますか? ...

ですが、今回は実質的な自己負担はさらに収まって1,000円でした。1,000円で佐賀牛1Kgが食べられるなんて夢のようです!

では、なぜ1,000円で佐賀牛を食べられるようになったか経緯を話していきます。

今年は楽天市場でふるさと納税の申込

去年は”さとふる”で申し込みをしたのですが、今年は楽天市場での申込です。
その理由はずばり!

お得すぎるから!

いや、これはもうお得というよりやり方次第で儲かってしまうから!!

説明していきます!

お得な理由①:ポイントが付く

ご存知の方も多いと思いますが、楽天会員になれば購入価格の1%が楽天ポイントとしてキャッシュバックされます。楽天ポイントは1ポイント=1円で楽天の様々なサービスで利用可能です。

もちろん、ふるさと納税も例外ではありません!

以前の記事でも書きましたが、ふるさと納税する時点でお得なのに、さらに1%のポイントが付いてくる!

このすごさが伝わりますか?

ジャパネットたかたをイメージしてください。

「こちらのテレビ!今回はジャパネットが超超超おすすめするテレビ!赤字覚悟の超特価プライスでご提供させていただきます!!」

「今回はなんと!このテレビの他にこちらのDVDプレーヤーもついてくる!!

「もちろん分割手数料はジャパネットが負担します」

てな具合で、すでにお得感満載の商品(超特価テレビ)にもう一品(DVDレコーダー)ついてくる感覚です。

例)20,000円寄付でいくら得?
楽天ポイント:寄付金20,000円×1%=200円
普通に寄付するのに比べて200円お得!!

お得な理由②:最大で7%のポイントがつく

①の時点で十分お得なんですが、楽天のすごいところはここからです。

なんと!いろんな条件をクリアすれば最大7%まで付与率が上がっちゃいます!

その条件が以下のとおり。

  1. 楽天会員はお買い物するだけで1%
  2. 楽天カード決済を利用すればさらに+3%(計4%)
  3. 楽天市場アプリから1回以上購入でさらに+1%(計5%)
  4. 楽天プレミアムカード利用で+1%(計6%)
  5. 楽天モバイル利用ならさらに+1%(計7%)

こちらの条件を満たせば、楽天市場での買い物で毎日7%の楽天ポイントがもらえます!!
7%ですよ!7%!

僕は1、2、3の条件をクリアしているためいつでもポイント5%!

例)20,000円寄付でいくら得?
楽天ポイント:寄付金20,000円×5%=1,000円
普通に寄付するのに比べて1,000円お得!!

お得情報③:自治体によってはポイントボーナスがある

ボーナスがあるんです。

ボーナスって良い響きだと思いませんか?特別感が違います。ふるさと納税でも特別感を味わえますよ。

楽天市場の検索窓に「ふるさと納税」と打ち込んでください。

すると、ずらっと寄付先が検索されます。その中に、ひときわ輝く言葉があるのが見えませんか?

ポイント10倍

と。

皆さんの目にもはっきり見えますよね?

そう。これがポイントボーナス。

例)20,000円寄付でいくら得?
楽天ポイント:寄付金20,000円×14%=2,800円
※楽天カード+3%、アプリ利用+1% 計14%で計算した場合
普通に寄付するのに比べて2,800円お得!!

ついに、楽天ポイントの付与が、ふるさと納税の自己負担額を超えてしまいました。

わかりやすくするため、ざっくりと計算

まずは普通のふるさと納税

お金の流れ:△20,000円(寄付)+2,000(所得税還付)+16,000円(住民税控除)=△2,000円(自己負担分)

手元:寄付のお礼の品(僕の場合は佐賀牛ですね)

ここまでが普通にふるさと納税した場合の流れですね。

ここにお得情報③のようなふるさと納税をした場合は、楽天ポイントが2,800円分もらえます。楽天ポイントが自己負担額を超えてしまいました。

お金の流れ:△20,000円(寄付額)+2,000円(所得税還付)+16,000(住民税控除)+2,800円(楽天ポイント)=800円

そして手元には寄付のお礼の品(佐賀牛1Kg)

800円貰っておいて、なお佐賀牛をもらうことになりました。
お得を超えて、やらないと損なレベルと語る所以です。

番外編:楽天スーパーセール・楽天マラソンを狙う

お得情報③でもうすでに十分なのに、まだまだ欲しがる方のための番外編です。これを使うと正直お小遣いには多いぐらいプラスになっちゃいます。

このやり方は、僕みたいに一つの自治体への寄付ではなく、5,000円ずつ4つの自治体に寄付する方などには、さらにポイント獲得のチャンス!

では仕組みを説明していきます。

簡単に説明すると、「いろんな店で買えば、買っただけポイントあげますよ!」という太っ腹イベントでございます。

○1店舗で購入…1倍
○2店舗で購入…2倍(購入商品すべて)
○3店舗で購入…3倍(購入商品すべて)
・・・
○10店舗以上で購入…10倍(購入商品すべて)

すごいところは”(期間内で)購入した商品すべて○倍”ってところ。

5,000円ずつ4店舗で購入すれば+4%。すごすぎでしょ。

これにお得情報③のポイントボーナスや、お得情報②のポイントアップ条件を付けくわえていけば何倍になるかわかんないですね。

例)5,000円×4自治体でいくら得?
楽天ポイント:寄付金20,000円×16%=3,200円
※ポイントボーナス+9%、楽天カード+3%、アプリ利用+1%、買い回り+3%で計算
普通に寄付するのに比べて3,200円お得!!

注意点

お得情報ばかりお伝えしてきましたが、もちろん注意点も多くあります。

ふるさと納税の注意

お得!簡単!ふるさと納税の話
ずぶです。プロフィールはこちらみなさまふるさと納税は聞いたことありますか? ...

ここにも書いてますが、もう一度確認します。

  1. ワンストップ特例を使うか確定申告してください。※寄付金証明書はなくさないように注意
  2. 納税者ご自身の名義で申し込んでください。
  3. 寄付の上限に注意してください。※住宅ローンなどがある方は特に注意
  4. 寄付の品の到着はかなり遅いです。
  5. 自治体によっては寄付のリセット時期に注意。※同じ自治体に何度も寄付する方は注意
  6. ワンストップ特例は確定申告しない方が対象で、5自治体まで。
  7. 最初に自己資金は必要です。

詳しくは総務省のホームページでご確認いただけます。

楽天ふるさと納税の注意

こちらもいくつかありますので十分注意してください。

  1. 寄付のキャンセル・変更ができない。
  2. 注文者情報を住民票情報とみなすので、必ず一致しているか確認してください。
  3. クレジットカードは必ず本人のものを使用してください。

こちらも詳しくは楽天市場ふるさと納税でご確認ください。

まとめ

長々と書きましたがまとめますと、

  1. 楽天市場でのふるさと納税はお得
  2. カードを作るなどすればさらにお得
  3. ポイントボーナスのある自治体への寄付でさらにお得
  4. 楽天マラソン中の寄付でさらにお得

ということです。
注意点は多いものの、気を付ければ防げるもばかりですので、あまり気にする必要もないと思います。
逆にその注意点以外はお得どころかやらないと損なレベルに感じます。ぜひこの機会にいろいろお調べになってみてはいかがでしょうか。

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*