税理士事務所に勤めていて「この業種儲かるなぁ」と思うものをピックアップしてみた【開業にはこれ!?】

こんにちは。税理士勤務ブロガーのずぶです。

税理士事務所に勤めていると、普通の会社員ではなかなか触れることができない様々な業種に触れることができます。僕が勤めているところは個人事務所ではないので、ありがたいことにそこそこの数のお客さんと顧問契約させていただいてます。

医者、不動産業、小売店、ネットショップ、運送業、建設業、飲食店etc

ありがたいことに、これらの様々な業種の決算書・貸借対照表・損益計算表・キャッシュフロー計算書を見ることができます。それらの帳票を見て「どうすればこの会社が伸びるか」「どこを直すべきか」などを考える必要があります。

言ってみれば疑似経営者体験をさせてもらってるんです。大変ありがたいことです。

そんな数多くの業種を見てきた僕が「儲かるなぁ」と思う業種をいくつかピックアップしてみました。具体的な数字等は書けないですが、これから会社を興す・起業を考えている人はちょっとだけ参考にしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

医者

まずは医者。

さすがにここは外せないです。

内科・歯科・眼科など色々な医者がいますが、ほぼ全てが儲かってます。いっぱい所得を得ています。もちろん医者なのに儲からない例外もありますけどね。

儲かる理由は社会保険料診療報酬・国保診療報酬の高さ、自費診療報酬や出張診療などキャッシュポイントの多さが原因でしょうか。

そして儲かっているだいたいのお医者さんは本業の他不動産収入もありますので、さらに所得を増やすことができています。

いやぁ~憧れますね!

不動産屋

やはりというかなんというか不動産は儲かりますよ。売れればですけどね。

儲かる理由はなんといっても単価の高さ。

一軒家の売却価格が仮に3,000万円として、仕入れ・諸経費など諸々を差し引いた経常利益が5%だとして150万円。3%でも90万円。これが月に1件売れれば5%で1,800円、3%で1,080万円。

高単価の物が売れればでかいですね。3,000万円でこれなので5,000万円・1億円の物件ならもっと粗利・経常利益は大きくなりますね。

これプラス、同業者の物件を紹介した際にもらう仲介手数料もありますので上記の金額以上の収入になることがほとんどです。

不動産賃貸

こちらはアパートやマンションを貸し出してる大家さんですね。

こちらは爆発力には乏しいですが、空室率を低く抑えることができれば安定したキャッシュが見込めます。

入ってきたキャッシュを次の不動産に投資、キャッシュポイントを増やす、さらに投資・・・とすることができれば、格段に所得が増えていきます。

一般的な不動産投資の利回りだと、表面利回り10%・実質利回り5%程度ですかね。1億のマンションに投資すれば表面1,000万円、実質500万円のキャッシュを手に入れることができそうですね。

しかし借り入れをして購入した場合は借り入れ利息が3%程度? かかりますので、実質の手元に残るキャッシュはもっと少ないかもしれません。それとも借入金・利息は実質利回りの計算に含まれてるんでしょうか?

要勉強。

フランチャイズ(飲食店)

自分で飲食店を出すのに比べれば格段に倒産リスクが少なく済むのが飲食店フランチャイズです。

なんといっても一般消費者の知名度・安心感は有名飲食店だからこそのものです。出店すればある程度の集客が見込めますからね。

しかも、マニュアルの徹底が素晴らしい。

料理の手順、レジでの対応、クレーム対応、仕入れの仕組み、などは自分で開業した飲食店にはない強みです。効率が段違いに違います。

さらに、集客の施策も本部からテレビCM等に自動でやってくれますし、実績を積めば本部から出店の案件が自動で舞い込んできますので、自分で営業をする必要もなし。これだけ聞くと良いことづくめ! もちろん本部へのロイヤリティは支払いますけどね。

ただ、1点個人的に不満があるとすれば、個人の裁量がほぼ決められていない。本部の決定が全てです。そういう意味では「俺は一国一城の主になるんや!」といった起業を目指している方にとっては少し物足りなくなるかもしれないですね。

建設業

これはピンキリです。

儲かってないところはとことん儲かっていない。建設業でも下請けは厳しいですね。

儲かっているところは元請けに限りなく近い、公共工事や大型の商業施設の建設などを受注できるようなある程度の規模がある会社。

これもやはり単価の高さが大きいです。1つの建設工事を受注すれば数億円の売り上げが見込めるなんてザラですしね。

さいごに

思いつく業種をばばっとピックアップしてみました。

こうやってみると強いのは「資格・単価の高さ」ですね。

これから起業をお考えの方にちょっとでも参考になればいいかな。

ですが、儲かるか儲からないかを分けるのは、業種というよりも本人の資質と努力、そしてなにより行動力・決断力です。儲かってる会社の社長は例外なく行動力・決断力がずば抜けてます。

自動的に楽して儲かることはまずないので、努力あるのみです!

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*