初めての機械式腕時計ならオリエントがおすすめ! 5万円以下で手に入るモデルをご紹介【入門機】

※2017年8月7日更新

機械式時計を愛してやまない当ブログ管理者のずぶと申します。

機械式時計って、部品の多さ・作る手間などでどうしても値段が高くなりがちです。数十万、数百万とかざら。

でも、どうにか一定の予算内で手に入れたいと思っている人も絶対いるはず!

お手ごろ価格で機械式時計を手に入れられるブランドがあります!

それは日本メーカーの「オリエント

機械式時計大好き&オリエント大好きな僕が「5万円以下で手に入れる機械式時計」をコンセプトにおすすめできるモデルをご紹介していこうと思います。

機械式時計の入門機としては最適な価格だと思いますので、気に入ったものがあればぜひ購入を検討していただきたいです!

この記事はこんな人向け!
  • 5万円以下で機械式時計をお探しの方!
  • 初めて機械式時計を使ってみたいけど、どこのブランドを買えばいいかわからない方!

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オリエントについて簡単にご説明

「セイコー」の子会社です。あまり知られてないですけどね。

商品のほとんどが機械式時計で、ちらほらクォーツのモデルがあります。

詳しくは下の記事をご覧ください。僕のオリエント愛が伝わってくると思います。

こちらの記事もどうぞ

それでは5万円以下のモデルを紹介していきます!

オリエントスタースタンダード WZ0011AC

ひとつめはこちら!

超オーソドックス!

初めて買うなら仕事でもプライベートでも使いやすいデザインにしてみました。メタルバンドに黒の盤面、デイト(日付)表示、ローマ数字、と全てが使いやすそう!

金属ベルトに飽きたら革のベルトに交換してもいいかも。黒の文字盤なので黒革でも茶色革でもなんでも合いそうです。

スペック
  • ケース直径:39mm
  • ケース厚:10.9mm
  • 重さ:128g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:デイト表示

オリエントスター セミスケルトン WZ0211DA

9時の位置にひときわ目立つものがご覧いただけますか?

セミスケルトンといいます。オープンハートが一般的な呼び方ですかね。その他の呼び方だと”フレデリックコンスタント”というブランドではハートビートとも言います。

時計内部が見えるなんて、機械式時計を楽しむためのものそのものじゃないですか? どうですか? 男心がくすぐられませんか?

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:39mm
  • ケース厚:11.9mm
  • 重さ:70g
  • 防水:100m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:パワーリザーブ、オープンハート

オリエントスター エレガントクラシック WZ0331EL

盤面もベルトも、全体的に濃い青で統一されていて落ち着いた印象のモデル。その中に白い針とインデックス、パワーリザーブが映えて素晴らしいデザイン。

針がプレゲ針(針の途中が〇になってるデザイン)なのも面白いです。

この時計に合いそうな服を選んで時計だけでなく全身統一感のあるファッションをしてみたくなるようなモデルです。

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:38.7mm
  • ケース厚:12.9mm
  • 重さ:68g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:デイト表示、パワーリザーブ

オリエントスター セミスケルトン トノー WZ0121DA

セミスケルトン2個目はこちら。

ケースが変わった形していますよね? この形は「トノー型」と呼ばれていまして、トノーとは日本語で「樽」。そう「樽型」です。

この形なんで、ちょっと仕事には付けていきにくいかおおしれません。少しきれい目のファッションに合わせやすそうですし、ちょっとしたパーティなんかでは活躍しそう!

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:47mm
  • ケース厚:13mm
  • 重さ:83g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:パワーリザーブ、オープンハート

海外モデル Bambino(バンビーノ) SAC00004B0

歌手・俳優・作家など幅広く活躍している星野源さん。

その星野源さんが着用していると噂のモデルです。下の記事でその噂を調査していますので気になる方はご覧ください。スペックも紹介しています。

こちらの記事もどうぞ事

オリエントスター レトロフューチャー ギターモデル WZ0171DA

今までとちょっと違ったテイストのモデルもご紹介。

一風変わったデザインで注目を集めそう。よく見てもらえばわかると思いますが、時計全体が「ギター」のデザインになっているんです。

カラーバリエーションは、「青(WZ0161DA)」「黒(WZ0201DA)」「木模様(WZ0191DA )」とありますので、ぜひご覧ください!

スペック
  • ケース直径:47.5mm
  • ケース厚:13.3mm
  • 重さ:160g
  • 防水:100m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:クリスタルガラス
  • その他:オープンハート

海外モデル Mako(マコ) SAA02001B3

こちらは海外モデルで日本に逆輸入されて販売されています。

通称「Mako(マコ)」

海外で抜群の人気を誇っており、親しみを込めてそう呼ばれています。

値段が安いですが、200m防水機能が備わってますので機能面では十分ですね。でも本格的なダイビングに使用するには不安ですが、プールや海水浴場ぐらいだとつけたまま入れますよ!

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:40mm
  • ケース厚:12mm
  • 重さ:173g
  • 防水:200m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:クリスタルガラス
  • その他:デイト表示、パワーリザーブ

オリエントスタークラシック WZ0251EL

白の盤面に黒革、そして三針。

フォーマルシーンにはぴったりのモデルです! フォーマルシーン以外にも仕事用としても使いやすいデザインですよね!

シンプルながら12時位置のパワーリザーブが控えめにワンポイントとなっています!

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:44.5mm
  • ケース厚:13.1mm
  • 重さ:59g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:クリスタルガラス
  • その他:デイト表示、パワーリザーブ

オリエントスタークラシック WZ0301DK

セミスケルトン3つ目はこちら。

オールブラウンの時計って珍しいですよね? 着けている人を僕は見たことないような気がします。どうですか?

9時位置のセミスケルトンはもちろんですが、12時位置のパワーリザーブと6時位置のスモールセコンドが盤面を華やかにしています。ですがごちゃごちゃせずまとまっているのが素晴らしい。

スペック
  • ケース直径:40mm
  • ケース厚:13.2mm
  • 重さ:62g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:クリスタルガラス
  • その他:パワーリザーブ、スモールセコンド

オリエントスター エレガントクラシック WZ0341EL

白の盤面に青色の針が映えていてきれいなこのモデル。

青色の針は高級時計にも使われていて、美しいですよね。シンプルなデザインでどんなシーンでも活躍しそうです。

仕事用をお探しの方にもプライベート用をお探しの方にもおすすめの一品です。

スペック
  • ケース直径:38.7mm
  • ケース厚:12.9mm
  • 重さ:68g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:デイト表示、パワーリザーブ

海外モデル SUN&MOON(サン&ムーン) WV0381ET

海外モデルからもう一品ご紹介。

こちらはムーンフェイズ搭載の機械式時計。

ムーンフェイズとは月の満ち欠けが時計の盤面で表現されています。腕時計で月の満ち欠けがわかるなんてとってもおしゃれですよね!

間違い! サン&ムーンですので、昼と夜がわかるモデルです!

失礼しました!

本物のムーンフェイズは下の記事でご紹介しています。残念ながら5万円以下ではないので、予算が潤沢にある方は是非参考にしてみてください。

こちらの記事もどうぞ

他の海外モデルは下の記事をご覧ください。面白いモデルをたくさん紹介しています!

こちらの記事もどうぞ

スペック
  • ケース直径:42.5mm
  • ケース厚:14.5mm
  • 重さ:99g
  • 防水:50m
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:デイデイト表示、ムーンフェイズ

オリエントスター スタンダード WZ0351EL

最後はわたくしが仕事用に愛用しているこちら!

濃紺の盤面に茶色(ピンクゴールドにも見えます)の針が素晴らしい! パワーリザーブもアクセントになって非常にお気に入りのモデルです。

詳細は下のレビュー記事をご覧ください!

こちらの記事もどうぞ

こちらの記事もどうぞ

おわりに

気に入ったものはあったでしょうか?

オリエントの腕時計なら、高価なイメージを持たれている機械式時計でも5万円以下で購入可能です。

この記事をきっかけに、機械式腕時計の醍醐味である「腕時計内部の機械を感じることができること」に、一人でも多く興味を持って、そしてオーナーになってもらいたいですね!

こちらの記事もどうぞ

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*