冬だからって体臭対策をしないって選択肢はない!【男のスメハラ対策】

やあ男性諸君!

夏になるとさわやかイケメンが、「夏のにおいケアはこれで完璧!」みたいなCMはよく見る。スプレーやら汗ふきシートやら宣伝の嵐だ。

勘違いしてもらっては困るが、体臭ケア・においケアは夏だけやればいいって問題じゃない。

冬でも対策は必要ってことを理解しているだろうか?

否!

理解している男共はまだまだ少ない。

「自分は大丈夫」とか「いやいや冬は汗かかへんし」などと言っているうちはまだ甘い。甘っちょろい。

ひとつだけ言わせてもらう!

その思い込みは間違いだ!!

君たちのためを思ってはっきりと言おう。

間違いだ!!!

匂いしてるよ。

服の中で男臭が充満しているよ。

そんなことで合コンいって大丈夫?

冬にこそ体臭対策・におい対策をしなければならない理由をご紹介しよう。

そして安心してほしい。最後にはちゃんと解決策は用意している。まずは黙って読み進めてほしい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

冬にこそ匂い対策をするべき理由

夏に比べて冬は汗をかかない。

その通り。

だが、「汗をかかない=匂いがしない」って公式は成り立たない。

むしろ冬のほうが匂いはきつくなると言われている。

ではどんな理由で匂いがするのか見てみようと思う。

新陳代謝が上がる

意外かもしれないが、冬のほうが新陳代謝は上がる。

よく「冬にこそダイエットすべき!」と聞くが本当だ。

人間は常に一定の体温を保つようにプログラムされている。そう、中学校で習った恒温動物だ。

外の気温が低いと人間は自分の体温を維持するためにエネルギーを使わなければならない。その時に自分では気づかない汗(水蒸気)をかく。

そのじんわりした汗こそが匂いのもととなる。

冬服の通気性が悪い

これは読んで字のごとくだ。

前述したと思うが、意外にも冬は汗をかきやすい。そして、冬の厚着によって知らず知らずにうちにかいた汗の逃げ場がなくなる。

そうなれば菌が繁殖しほうだいだ。当然匂いのもととなる。

水分を摂らない

気温が寒いときには水分を摂るのをつい忘れてしまう。忘れるというか寒いから飲まない。喉が渇く実感がわきにくい。

体が水分不足になると、汗自体も濃度の濃いものになってしまう。ドロドロした汗は蒸発しにくい。

さらに冬服を着ていて空気が通らないことが追い打ちになる。

汗腺の衰え

ただでさえ運動不足なのに、気温が寒いと運動する機会がより激減してしまうのは当然。

運動による発汗がされない状態が続くと、汗腺は衰えてしまう。汗の出入り口が狭くなって老廃物等が溜まってしまい菌が繁殖しやすい環境が整う。

そうなれば菌の思うつぼだ。繁殖し放題で当然匂いのもととなる。

以上により実は冬のほうが匂いが出やすくなる理由が理解できたのではないだろうか。ここからは対策方法を紹介していこうと思う。

とその前に、ブレイクタイム。

デブの迷言

デ「夏よりも冬のほうがやばい」

デ「建物に入ったとき」

デ「夏は”暑いところ”から”涼しいところ”に行くけど」

デ「冬は”暑いところ”から”暑いところ”に行くねん。わかる?

ブレイクタイム終了

自分でできる対策

さて、冬に匂いがきつくなる理由は理解できたと思う。

大丈夫!改善方法はちゃんとある。

まずは「そんなことにお金をかけたくない!」という方向けにいくつか紹介しておこう。

適度な運動により汗をかく

汗腺を衰えさせないように定期的に運動によって汗を書いておいたほうがいい。ドロドロの汗とはもうおさらばだ。

運動はハードルが高いという方は、お風呂をいつもより長めに浸かってみるのも有効だ。体を温め、発汗を促すにはちょうどいい。

水分はこまめにとる

ドロドロ汗のもう一つの理由が水分不足。

寒いのでなかなか飲み物を摂取しにくいと思うが、これが一番簡単な対策方法であるため、気を付けてほしい。

なにも冷たいものだけを飲む必要はない。暖かいお茶でもさ湯でもなんでもいい。

通気性の高い服にする

冬に通気性の良い服を着るのもどうかと思うが、汗の逃げ場があれば何でもいい。

数時間に一回服をパタパタさせるのもいいかもしれない。

寒いのと臭いのどっちをとるかだ。

しっかりと対策したい方むけ

自分でできることは正直言って限られている。

これから紹介するんは、商品を使ったり、病院に通ったり、としっかりと対策したい方向けだ。

いくつか用意してみたので気に入るものがあれば幸いだ。

制汗剤・デオドラント剤

私のお気に入りは断然「Ag+」だ。もうかれこれ5年は愛用している。

朝にシュッとするだけでその日中は匂いの心配などしなくてもいい。余計な心配がないのはとても気分がいい。

ただ、唯一の欠点は冷たい。冬の朝に冷たいスプレーをするのが耐えられる方には是非お勧めしたい。

匂い対策の服を用意する

今の時代はほんとうに便利になった。

匂いが抑えられる服すらも購入できる。

中に着ておくだけで匂いが抑えられるんなら安いものかもしれない。

ジム通い・サウナ通い

直接においを抑えるわけではないが、運動不足解消&汗腺の解放にはやはり運動が一番だ。

自分では怠けて運動できない方には、ほぼ強制的にジムに通わざるを得ない状況を作り出すのが一番だ。

初月無料キャンペーンやいった回数に応じて料金がかかるプランもあり、自分のライフスタイルに応じて選ぶことができるので安心だ。

専用クリーム

市販の制汗スプレーは信用できない、ジムに通う暇もない、服だけじゃ対策になる気がしない。

などのご意見をお持ちのようなら、匂い対策で打てる手は専用のクリームになる。

胡散臭い業者も多くあるが、ここで紹介するのは楽天市場でナンバー1を獲得しており、他のものと比べて安心して購入できるはずだ。

【メンズ専用 NULLデオドラントジェル】

残念ながら私自身購入したことがないため、詳細なレビューはできない。

口コミ評価が☆4.12(☆5が満点)と高評価なので一応の安心感はある。

気になった方は一度覗いてみてはどうだろうか。

病院で相談&手術・治療機器

ここまで来たら最終手段だ。

私から伝えることはない。お医者さんの指示に従うのがいいだろう。

ちなみに皮膚科・美容外科・美容整形あたりのに行けば間違いなく相談に乗ってくれるだろう。

健闘を祈る。

最後に

冬にこそ対策をしなければならない理由は伝わっただろうか。

しかし、対策はいくらでもできる。

自分でできるものでも十分効果が出ると思う。まずはできることからやってほしい。

ただ、自分のできることに限界を感じれば他の方法を試してみるのもいいと思う。自分のできる範囲でいろいろなものに頼ってみよう。

きっと改善に向かうはずだ。

では、今日はこの辺で失礼。

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*