『夜は短し歩けよ乙女』アニメ映画化!思い出とか感想とか思うこととか自由に書く

ずぶです。

先日ヤフーニュースを何気なく見ていると、こんな一文がトップニュースに。

「夜は短しアニメ化 星野源主演」

ついにこの時がきたか。
と思いましたね。
ニュースに出てから少し遅れましたが、僕の『夜は短し歩けよ乙女』への出会いや思いを書いていきましょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

『夜は短し歩けよ乙女』とは

森見登美彦 著。2006年出版。
第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞2位、第37回直木賞候補。
2016年12月までの累計売上げは120万部を超えるベストセラー。

あらすじ

 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作!

引用:楽天市場 商品説明より

映画『夜は短し歩けよ乙女』の情報

2017年4月7日(金)全国公開

主演:星野源

原作:森見登美彦
監督:湯浅政明
脚本:上田誠
キャラクター原案:中村佑介
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION

映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト

【2017/1/26追記】

追加キャストの発表がありました!詳しくは以下の通りです。

黒髪の乙女:人気声優の花澤香菜さん

先輩の学友”学園祭事務局長”:神谷浩史さん

”パンツ総番長”:お笑い芸人ロバートの秋山竜次さん

黒髪の乙女は噂通り花澤香菜さんでしたね。星野源×花澤香菜のタッグがどんなコラボレーションを発揮するか楽しみです!

【追記終わり】

【2017/2/17追記】

映画「夜は短し歩けよ乙女」の公式ホームページが更新されてました!

2/3から特定の劇場にて前売り券を買うとオリジナルカレンダーがもらえます!しかも貴重な4月はじまりのカレンダー!画像を見る限り卓上カレンダーかな?

カレンダーがもらえる劇場は決まっていますので、公式っホームページをご確認ください!

数量限定となっているため欲しい方はお早めに前売り券を購入しましょう!

【追記終わり】

 僕と『夜は短し歩けよ乙女』

内容やネタバレはほかの方のブログを見てください。というか本買って読んでください。
僕と『恋は短し歩けよ乙女』の関係を自由に書いていきます。
需要がなくてもかまわず書く。

読んだ時期

僕がこの本を読んだのは、たしか6年位前だったと思います。新卒で入った会社を辞めて、ちょうど暇を持て余してたときでした。
ブックオフで買いました。105円で買いました。
105円棚にて発見したので、すぐさま手に取りました。反射です反射。それはもう光をも上回る速さだったと思います。

『夜は短し歩けよ乙女』

前々から読みたかった本だったのですが、なかなか買いに行く機会もなく、というかむしろ105円棚で発見するまでこの本の存在すら忘れていました。

出会い

文庫化したとき、大学内にある本屋の新書コーナーだったと記憶しています。
この本が目に入った瞬間僕はそれを手にとっていました。
かわいらしい表紙、『夜は短し歩けよ乙女』というタイトル、森見登美彦、裏表紙のあらすじ。
すべてが魅力的でした。
ですが、買いませんでした。

その時の自分ときたらなぜ買わなかった!?
当時大学生でお金がなかったか!?
たったの600円もなかった!?
バイトで稼いだお金は何に使ってた!?
どうせ下らんことに使ってたんだろ!?

今から考えると怒りすら覚えます。
当時僕は京都の大学に通ってました。まさに内容とドンピシャですよ!
この本を大学生のころに読むのと、大人になってから読むのでは、内容の入り込み方、感性、捉え方、天と地ほどの差があると思います。
しかしながら、当時の僕はそのチャンスを掴めなかったんです。

感想

すみません。これを書いている今現在、内容についての記憶はあやふやです。素晴らしい本とか言っちゃってますが、正直あんまり覚えていません。

ですが、一つだけ確かに覚えていることがありあます。

それは

とにかく”黒髪の乙女”がかわいい!
いちいちかわいい!
かわいすぎる!

ということ。
これだけでこの本を読む価値があると思います。
この本が好きという男性のほとんどが”彼女(黒髪の乙女)に恋した!”とか”こんな子と付き合いたい”とかそんな感じだと思っています。

僕も例外ではありません。
おそらく僕も黒髪の乙女に恋したんだと思います。
ですが、これはしょせん小説。こんなかわいい子が現実にいるわけないと思っていたんですよ。この時は…。

黒髪の乙女はいた!

今の僕の彼女です。2017年春に結婚します。
ええ、自慢です。

ほんとに第一印象が「あ、”恋は短し歩けよ乙女”にでてたあの子にそっくり」って思いましたもん。びっくりです。
たぶん実写版をやるとしたら適任です。おそらく今なら広瀬すずがやるんでしょうけど。

まとめ

ただ自慢したいだけの記事になってしまいましたが、ご了承ください。

内容もよく覚えてないのに”素晴らしい本”と言っても、説得力のかけらもありません。ですが、こうも考えられませんか?
内容はいまいち覚えてないにもかかわらず、”素晴らしい本”と言い切るには訳がある。それは理屈(脳)ではなく感情(ハート)に語りかける小説だから、と。

とまあ上手いこと言った風ですが一旦読んでみてください。

最後になりますが、映画の公開は2017年4月7日(金)です!!
今から楽しみでしょうがないです!!

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*