スマホ写真の保存場所には「プライムフォト」がおすすめ|使い方・注意点など

Amazon

スマホの容量ってけっこういっぱいになったりしませんか? 僕はアプリをダウンロードしようとしても「空き容量がありません」って出たことも…

そんなあなたへの強い味方として、Amazonが提供している『プライムフォト』をご紹介します。

『プライムフォト』を使えばスマホの容量を節約&いつでも見られるようになって大変便利。

この記事では

  • 使い方
  • 同様のサービスとの比較
  • 注意点

を中心にわかりやすく説明していきます。

 

プライムフォトとは

『プライムフォト』とは、有料会員『Amazonプライム会員』の特典のクラウドストレージサービス(※)。

特徴としては

  • 解像度や品質を落とさない
  • 写真なら無制限
  • どんな端末からでもアクセスできる
  • 家族・友達と共有も可能
  • 写真の検索機能

と優秀なサービスで利用者の多い人気特典の1つです。

 

『Amazonプライム会員』は他にも

  • 配送料無料
  • 動画が見放題
  • 本、雑誌読み放題
  • 音楽聴き放題 他

などの、月額たったの325円(学生159円)とは思えないほどの嬉しい特典が山ほどある素晴らしいサービス。無料体験が30日間(学生は6ヶ月間)あるので気軽に確かめられるのも安心です。

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

こちらで詳しく紹介⇩
関連記事 【Amazonプライム会員】お得な特典17個のメリット・デメリットと他サービス比較

学生はこちら⇩
関連記事 「Prime Student」がお得すぎて嫉妬|大学生・専門生は学生のうちに入らないと損!

 

※クラウドストレージサービス:
インターネット上に保存できる場所を提供しているサービス

 

ファミリーフォルダへの招待

プライムフォトは、家族や友人など最大5名をファミリーフォルダへ招待することができます。(プライム会員を含めて全6名)

ファミリーフォルダのメンバーになると、それぞれにプライムフォトのアカウントが作成され、

  • プライム会員とほぼ同じ機能が使えるようになる
  • [マイフォルダ]の管理
  • [ファミリーフォルダ]内の閲覧

ができるようになります。

もちろん追加料金は無しなのでご安心を。

これにより、「家族写真の共有」「恋人同士の写真を集めておく」「仲の良い友達との旅行写真の共有」などの使い方が可能。これは便利ですよね。

 

※注意※

招待された人が新たに招待することはできません

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

プライムフォトの使い方

Amazonプライム会員になる

※登録済みの方は飛ばしてください。

まず『Amazonプライム会員』に登録する必要があります。無料体験期間が30日間(学生は6ヶ月間)あるので,お気軽にお試しください。

登録方法は4ステップでめちゃくちゃ簡単。

  1. 下のURLにアクセス
  2. 「30日間(学生は6ヶ月間)無料体験を試す」ボタンをクリック
  3. Amazonアカウントでサインイン(無ければ作成)
  4. クレジットカード登録(学生はデビットカードなども可)

で終了。5分もかかりません。

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

アプリをダウンロード

〈スマホ・タブレット〉

アプリをダウンロード⇩

AmazonのPrime Photos

AmazonのPrime Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Amazonアカウントの入力、自動アップロードのオンオフを求められます。自動アップロードはいつでも変更可能なのでどちらでも可。

 

〈パソコン〉

こちらにアクセスして「サインイン」ボタンを押す

 

アップロード方法

手動でアップロードする方法も簡単です。ここではiPhone画面で説明

 


右下[設定]→[写真とビデオをアップロードする]→写真を選択→右上[アップロード]

 

すると[あなたフォルダ]に保存されてます

 

※自動アップロードを選んだ場合、Wi-Fi環境でアプリを開いていると勝手にアップロードされます
[その他]→[設定]→[アップロード]の順で変更可能

 

アルバムの作り方

ペットの名前や「○○年□□旅行」などのアルバムを作っておくと、あとで見返すのに便利です。

 


真ん中[アルバム]→[アルバムを作成]→タイトル決定

 


写真を選択→右上[作成]

アルバムごとに数枚サムネイルが出てくるので、どんなアルバムかは一目でわかります。

 

共有方法

〈SNS・メールの場合〉

右上[✓マーク]から写真を選択

左2番目アイコンでSNSやリンクにして送信できます。

 

〈ファミリーフォルダ〉


写真を選択して右上[…]→[ファミリーフォルダに追加する]

 

ダウンロード方法

〈スマホ・タブレット〉


右上[✓マーク]→写真を選択→右下[…]→[ダウンロード]

 

 

〈パソコン〉


写真を選択→[ダウンロード]

写真の非表示も可能

もし、見られたら困る写真や画像があれば「非表示」にすることも可能。

 


写真を選択して右上[…]→[非表示]

 


選択した画像が無くなってるのがわかります

 

ただし、[その他]→[非表示の写真とビデオ]を見ると

丸見え…
知っている人が見たらバレバレですけど、やらないよりかはマシ…か?

右上[…]→[再表示]で元に戻ります

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

同様のサービスとの比較

クラウドストレージサービスの比較表です。

無料容量
プライムフォト無制限
Googleフォト無制限
Drop Box2GB
iCloud Drive5GB
OneDrive5GB

※プライムフォト追加費用無し
※プライムフォトは写真のみ保存可、Googleフォトは圧縮時のみ

素人考えではありますが、画質の良い写真にこだわっている方なら”無制限・無圧縮”で保存できるプライムフォト(写真のみ)。

完全に無料なら、「”高品質(1600万画素)”でアップロードに限り無制限」って条件付きですがGoogleフォト。ちなみに動画も保存できます(1080pHDまで)。

といった感じでしょうか。

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

注意点

いくつか注意点を紹介しておきます。

① 写真以外の保存は5GBまで
② プライム会員を解約すると5GB分までしか保存されない
③ Amazonデバイス「EchoSpot」「FireTV」と同期している場合
④ Wi-Fi環境で作業するのがおすすめ
⑤ 将来的にサービス内容の改悪があるかも

特別注意が必要なのはこれぐらいでしょうか。

 

①写真以外は5GBまで:
写真は無制限でいくらでも保存できますが、動画・PDFなどのファイルは「5GB」までとなっています。

②プライム会員解約時:
解約後は写真データも「5GB」までしか保存されません。
ただし、解約後3ヶ月間は閲覧・ダウンロードが可能。3か月後に5GBを超えてる場合はファイルが削除されている場合があります。

③他端末と同期している場合:
Amazonデバイス『Echo Plus』『FireTV』とプライムフォトを同期している場合、家族などにも写真が見られることも。
『Echo Plus』なら「アレクサ写真見せて」と言うだけ、『FireTV』ならテレビで見れます。
自動アップロードにしないか、非表示で対処するしかないですね。

④Wi-Fi環境での作業:
手動アップロード時はけっこうな通信料になります。通信制限を気にするならWi-Fi環境での作業をおすすめします。

⑤将来的に改悪があるかも:
現在は”無制限・無圧縮”で保存可能ですが、将来的にはわかりません。過去にはWindows『OneDrive』が無制限から制限ありに変更した例もあります(一部ユーザーの過度の利用のためですけど)。

 

プライムフォト利用規約

 

おわりに

写真好きの方にはめちゃくちゃおすすめのサービス『プライムフォト』。写真が”無制限・圧縮なし”で保存できるおすすめのクラウドストレージサービスです。

『プライム会員』は『プライムフォト』だけじゃなくて、いろいろな使える特典がたっぷりの神サービスだと思っているので、ぜひこの機会に入ってください。

以上「プライムフォトの使い方と注意点」をご紹介しました。

ではでは~

 

Amazonプライム会員30日間無料体験はこちら

Prime Student6ヶ月無料体験はこちら

 

Amazonプライム会員についてはこちら⇩
関連記事 【Amazonプライム会員】お得な特典17個のメリット・デメリットと他サービス比較

学生はこちら⇩
関連記事 「Prime Student」がお得すぎて嫉妬|大学生・専門生は学生のうちに入らないと損!

 

関連記事




関連記事
スポンサーリンク
Amazon
ずぶしろ.com

コメント