【iiyama XU2492HSU-B2】23.8インチモニターをレビュー|感想・口コミ

男のこだわり

作業用の机を買い、ちょっと良い椅子も買って、「残すところはモニターだけやろ!」ってことで、勢いだけでモニターをポチッてしまいました。

それが『iiyama』の23.8インチモニター。

ノートパソコンにつないで使ってますが、ちょっと後悔したことが吹っ飛ぶくらい快適すぎ。買ってよかったです。

この記事では

  • 実際に使った感想
  • 選んだ理由
  • 他の候補

なんかを中心に、『iiyama XU2492HSU-B2』をレビューしていきます。

 

iiyama XU2492HSU-B2

 

簡単にスペック紹介

XU2492HSU-B2
値段18,980円
画面サイズ23.8型ワイドモニター
幅 × 高さ5.3 x 32.4 cm
重量3.3 Kg
解像度1920×1080(16:9)
スピーカー内蔵
インターフェースDisplayPort、HDMI、D-Sub、USB2.0ハブ
パネル方式IPS(ノングレア)

※値段は2018/8/29現在

 

『iiyama』とは、マウスコンピューターの液晶ディスプレイのブランド名。

日本メーカーという事で比較的安心感を持って購入しました。

決め手は

  • IPS
  • フレームレス
  • DisplayPort付
  • 3年保証付き

このへん。機能も満載で、他のと比べてちょっと高かったけど非常に満足しています。

具体的な選んだ理由・他の候補は下の方で紹介しています。(ここから移動

 

 

iiyama XU2492HSU-B2を使ってみた感想

安いノートパソコンのモニターとの比較です。おそらく、『iiyama』のモニターじゃなくても同じような感想になると思いますがご容赦ください。

 

○ デュアルモニターが快適すぎる

今まで「別に1つで十分じゃない?」って思ってた自分がアホでした…。

モニターが大きくなったのもあって、快適すぎて作業がはかどるはかどる。ブログ書きまくってる!

 

○ フレームレスデザインがかっこいい

初めて使ったんですけど、スタイリッシュでめちゃくちゃかっこいい。

2つ並べても違和感なく画面が繋げられるのも便利。

 

○ ブルーライト調節で目にやさしい

ブルーライト調整が「オフ~モード3」の4段階搭載されていて、MAX60%以上カットしてくれます。

僕は2段階目にして使用中。

ノートパソコンで作業していたときよりも、目の疲れが減ったような気がする…かも。

 

○ 豊富なインターフェイスが便利

USBまでついてて、パソコン回りにアイテムがいろいろ増えてきても安心。

しかも、接続ケーブルが全種類付属してるのですぐ使えて便利。

 

△ 他と比較するとちょっとだけ高い

同じようなスペックでもっと安いモニターはいっぱいあります。

Amazonで探してみると『Acer』や『Dell』なんかは14,000円ぐらいで購入可能。(もちろん多少はスペックが違いますよ)

安さを求めるならそっちを選んでください。

 

△ 高さや横の角度は調節できない

高さ・横の角度を自分のベストポジションを探したい人は要注意です。

同モデルの調節可能タイプはこちら⇩

※ちょっと値段が上がります

 

他の人の口コミを一部紹介

Amazonから口コミを一部抜粋して紹介しておきます。


  • 小さく感じるかな?と心配だったが特に感じなかった。
    画質機能共に不満は無く総じて普通に使う分には問題なし。安いし
  • 主にイラストを描く際に使用しています。ノートPCを買い替えた際、他の端末との色味が全く違うため、モニターを購入しようと思い、この商品にたどり着きました。結果は大満足です。
  • フチが狭く、本体が薄いため大画面でありながら場所をとらない
    画質も色も普通に良し。

  • メインモニターもIPS使用していますが比べるとこちらのIIYAMAモニターが多少茶色っぽいような赤っぽいような気がします
    あと画質のシャープさが物足りないように感じる
  • 内蔵のスピーカーの音質は実用に耐えないレベルなので使っておりません。鳴ればいいというくらいのスタンスの方なら問題ないかと。

 

iiyama XU2492HSU-B2を選んだ理由

モニターを選ぶうえでいろいろ勉強した結果、絶対に譲れない条件は以下の4つ

  • 22~24インチ
  • フレームレスタイプ
  • パネル方式⇒IPS
  • ノングレア(非光沢)

そんなにスペースがあるわけじゃない(奥行70cm)ので、大きすぎないモニター。
できるだけフレームが狭いやつ。
長時間作業してても疲れない(IPS・ノングレア・ブルーライト調節機能等)があること。

こんな感じのモニターで絞って探しました。

モニターの選び方はこちらで簡単に紹介しています⇩


モニターサイズ:
現在の主流は24インチ。各メーカーはここに力を入れている模様。インチ当たりの価格は24インチが最安になりやすい。パネル方式:
現在3タイプのパネル方式。

IPSVATN
価格高い中間安い
特徴目にやさしい
視野角が広い
応答速度遅め
純粋な黒を表現
視野角は狭め
応答速度が速い
角度で色が変わる

グレア・ノングレア:
光沢の有無のこと。光沢タイプ(グレア)は、発色が鮮やかでコントラストが高い映像が楽しめる。動画の視聴はこちらがおすすめ。
一方、目が疲れたり、背景の映り込み、文字を見続ける、ことは向いてない。

逆にどっちでもいいなーって条件は

  • 4K
  • スピーカー
  • モニターアーム

こんな感じ。

4Kはあればいいけどめちゃくちゃ高くなるから却下せざるをえない…。
スピーカーについては外付で別に買う予定、モニターアームは付けるスペースないからどっちでもいいかな。

 

その他の候補

最後まで悩んだモデルも紹介しておきます。

ASUS VZ249H

最後までどっちにしようか悩んだのがこれ。『ASUS』のめちゃくちゃ薄くてスタイリッシュなモニター。

DisplayPortが一つも付いてないのがマイナスポイント。今後、PS4をしたりFireTVStickなどを差す場合、いちいち差し替えるのはめんどくさいかな…ってことで断念。

 

EIZO EV2451-RBK

ほんのちょっとだけ惹かれたのがこちらの『EIZO』。

「4辺フレームレス、段違いの発色の良さ、縦も横も高さも自由自在に変えられる、豊富なインターフェイス」など良いことづくめ。

ただ、『iiyama』と比べると値段が倍ほど違います。高え…。さすがに予算OVERのため断念しました。

 

おわりに

『iiyama』の23.8インチモニターを紹介しました。

使っていて不満は何もないですし、今後デスクトップパソコンを買ったときには、同じのをもう一つ購入するかも。次は高さ調節できるモデルがいいなー。

「IPSのパネル方式で比較的手ごろな値段、ちょうどいい大きさ、必要十分な機能・スペック」、本当にちょうどいいモニターだと思います。

モニターをお探しの方はぜひ検討してください。

ではでは~

 

 

おまけ(一緒に使ってるもの)

作業用机

LOWYAのパソコンデスク

関連記事 【LOWYA(ロウヤ)】パソコンデスク(幅140×奥行70)の購入レビュー|実際に使った感想と口コミも

 

椅子

※↑新品です

オカムラのフィーゴ(中古)

関連記事 【オフィスチェア】オカムラ フィーゴを中古で購入したのでレビュー|感想や注意点など

 

ノートパソコン

ASUSのVivoBook X540LA

 

関連記事




関連記事
スポンサーリンク
男のこだわり
ずぶしろ.com

コメント