【チプカシ】カシオ「スタンダード MRW-200HJ-7EJF」レビュー|ダイバーズ風でかわいい

腕時計レビュー

”チプカシ”の愛称で幅広い年齢層に人気のカシオ「スタンダードシリーズ」。1,000円~3,000円ほどの価格で超お手頃です。

この記事ではそんな”チプカシ”から、ダイバーズ風デザインでドットインデックスがかわいい「MRW-200HJ-7EJF」を紹介します。

  • スペック
  • 着用画像
  • 注意点

など、感想を中心にレビューしていくので腕時計選びの参考にしてください。

カシオ「スタンダード MRW-200HJ-7EJF」

今回購入したのは黄色のドットインデックスがかわいいダイバーズ風デザインの「MRW-200HJ-7EJF」です。

楽天市場で約2,500円で購入しました。めちゃくちゃ安い!

この安さこそがチプカシの一番の魅力ですよね。色違いとか他モデルも揃えてしまいたくなるような安さです。

お子さんの初めての腕時計にもおすすめですし、学生の日替わりファッションアイテムとしても優秀です。
もちろん管理人のようなおっさんでも楽しめますよ。

スペック

MRW-200HJ-7EJF
ケース経約44.6mm
ケース厚約11.6mm
ラグ幅18mm
重さ約39g
駆動方式クォーツ
平均月差±20秒
風防素材ー(不明)
耐水性能10気圧
その他デイデイト表示

ケースサイズは44.6mmなのでわりと大きめです。ただケース厚が薄めなのでそこまで大きな印象は無いと思います。
具体的には着用画像を参考にしてみてください。

本機の最大の推しポイントが防水性能です。
実売価格2,500円程度なのに10気圧防水。日常生活では水濡れを心配する必要はないですし、なんなら着けたままプールで泳げるような防水性能です。

平均月差も許容範囲ですし、かなりコスパの良い腕時計と言えますね。

大きな注意点は2点。

1点目は風防素材がおそらくプラスチックなこと。傷つきやすいので腕時計用保護シールを貼っておくと安心です。

2点目は日付・曜日表示がオートカレンダーじゃないこと。月初に要調整です。

カラーバリエーションは2種類

白文字盤にドットインデックスの「MRW-200HJ-7EJF」と、黒文字盤に数字インデックスの「MRW-200HJ-1BJF」の2種類。

個人的には黄色のドットインデックスがかわいいので7EJF一択。

ちなみに海外モデルの型式は「MRW-200H-7E」と末尾”JF”がありません。
おそらく見た目に大きな違いは無いはずですが、説明書が英語なのと曜日表示に日本語が無いと思われます。

 

「MRW-200HJ-7EJF」外観と付属品

今回は楽天市場で購入。同封物は説明書のみ。

 

黄色のドットインデックスと長短針がお気に入りポイントです。

 

凹凸が全くないように見えるので印刷されているだけっぽいです。

 

ベゼルは一応回ります。
逆方向にも回ります。本格的に使う人はいないので問題ない…はず。

 

リューズはこんな感じ。2段階引けて、1段階目で曜日・日付調整、2段階目で時刻合わせです。

他の腕時計同様、午後9時から午前6時の間は調整しないように!内部の歯車が狂う可能性があります。

 

裏蓋には型式や素材などが記載。CASED IN CHINAと書かれているので中国組立なんですね。

電池が切れればネジを外して自分で電池交換は可能なようです。が、保証対象外になることもあるので不安ならお店に持って行きましょう。

 

バックル部分。

 

ベルトはペラペラで安っぽい。値段なりですね。

 

ベルトは一般的なバネ棒なのでバネ棒外しがあれば自由に着脱可能。

ただし隙間がかなり狭いので市販のNATOベルトは入りませんでした。残念。

カシオ(Gショック)と言えば本体が壊れるよりも先にベルトが消耗するイメージなので交換用ベルトがあれば嬉しいんですけどね。別売りしてるかな?

 

夜光は針部分だけかな?
しかも全然ハッキリ光らないので実用性は低そう。しかもしかもバックライト等はありません。明るい場所専用ですね。

着用画像レビュー

いろんな角度からのリストショット。大きさはさほど気にならないかな(手首回り約16cm)。
それよりもやっぱりかわいい。

 

横からの画像。
ケース厚は11.6mmと比較的薄めなので洋服の袖との干渉は少ないはず。

 

ベルトは柔らかいのに加えて本体がかなり軽いので着け心地は○。

ただベルト自体が長くて結構余ります(手首回り約16cm)。

 

外の自然光の下でのリストショット。良く晴れて明るい日でも視認性には問題ありません。

他のダイバーズと並べるとかなりチープ

単体で(少し遠めに)見れば3,000円以下の腕時計には見えない「MRW-200HJ-7EJF」。ただ”ちゃんとした腕時計”と並べると一発でチープさが伝わります。

比較対象はお気に入りのセイコー5のダイバーズウォッチ「SRP605K2(約20,000円)」。

文字盤の作り込み、全体の高級感・ベルトの質感等全てにおいて劣ります。まあ7~8倍値段が違うので当たり前なんですけどね。

セイコー5「ニューモンスター(SRP605K2)」レビュー|爽やかマットブルーが魅力

 

レビューまとめ

  • 3,000円以下で購入可能
  • しかも10気圧防水で高コスパ
  • デザインがかなりかわいい
  • よく見ればかなりチープ

カシオのダイバーズウォッチ風チプカシ「MRW-200HJ-7EJF」を紹介しました。

3,000円以下で買える・防水性能が優秀・デザインもかわいい、とかなりコスパの高いモデルではないでしょうか。

ちょっと大きめですけど特にお子さんの外で遊ぶときに使う用の腕時計としてはかなり優秀。汚れても水洗いできますしね。

以上、カシオ「MRW-200HJ-7EJF」レビューでした。

≪関連記事≫
≪関連記事≫
スポンサーリンク
腕時計レビュー
ずぶしろ.com ~腕時計を中心とした個人ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました