G-ショック「GA-2000-1A9JF」レビュー|タイガース風カラーが○

腕時計レビュー

G-ショックの新定番”GA-2000”シリーズ。

その中から、関西在住ということもありタイガース風カラーリングが面白い&かっこいいので選んでみました(特別大ファンというわけでもないですけど)。

というわけでこの記事では、

  • スペック
  • 外観
  • 着用時の画像
  • 注意点

を中心に「GA-2000-1A9JF」について感想を交えてレビューしていきます。ぜひとも参考にしてください。

G-ショック「GA-2000-1A9JF」

新たな耐衝撃構造として「カーボンコアガード構造」を採用した新シリーズが登場。

G-ショックといえば全モデル頑丈が売りなので「カーボンコアガード構造」が選んだ決め手ではありません。とにかくかっこいい見た目です。

ソーラー充電もないですし電波時計でもありません。全面点灯もないですが、とにかくかっこいいので全然問題なし。

むしろそのおかげで安くなっていると思ったら逆に感謝ですね。

スペック

GA-2000-1A9JF
ケース経約48.7mm
ケース厚約14.1mm
ラグ幅24mm
重さ約64g
駆動方式クォーツ
風防素材無機ガラス
耐水性能20気圧
その他デイデイト表示
ストップウォッチ
タイマー 他
  • やや大き目のサイズ感
  • 大きさの割に64gとかなり軽い
  • ストップウォッチ等多機能
  • 20気圧防水は優秀

カーボンを使用している影響か、これだけ大きくても64gとかなり軽くて持った時驚きました。同じサイズ感のG-STEELとは全然違いましたね。

もちろんライト機能も搭載。暗い場所や夜などでも使えるのもうれしいポイントです(全面点灯ではないので最低限ですが)。

ちなみにラグ幅24mmのNATO風ベルトにも交換可能です。
管理人は残念ながら24mmNATOベルトは持っていないので断念。購入したらこの記事に追記しておきます。

一点注意点はソーラー充電・電波時計ではないシリーズなこと。それらの機能が必要であれば別のシリーズからお選びください。

おすすめはG-STEELシリーズ。

【G-STEEL】人気・おすすめのメンズ腕時計ランキングベスト6!

カラーバリエーション

カラーバリエーションは現時点(2021/3)で通常ラインナップ7種類+特別仕様3種類。変わったカラーリングが多いのも特徴の一つです。

使いやすいのはブラック・ネイビー・カーキあたりが無難ですね。この辺を買っておけばどんな服装でも(カジュアルであれば)合うはず。

ただ、G-ショックはハイペースで新色が発売されたり、カタログから消えたりするので参考程度。
早ければ記事公開から数日でバリエーションが違っていることもあるのが難点と言えば難点ですね。

廃盤になることも多いので、欲しいカラーリングがあった場合には早めに確保しておくのがおすすめです。

 

「GA-2000-1A9JF」外観と付属品

今回は楽天市場で購入。付属品は説明書。

 

ゴツゴツしていて「これぞG-ショック」といったデザインですね。かっこいい。

 

長短針のディスク針と立体文字盤によるメカメカしく迫力あるデザイン。

 

カーボンケースでモジュールを保護する「カーボンコアガード構造」を採用。
ケース素材に、高強度で割れにくく耐候性に優れたカーボン繊維入りファインレジンを使用しています。

 

ボタンは全部で5つ。
2、4、8、10時位置にあるボタンと文字盤下部にある大型フロントボタン。フロントボタンはインパクトがありますね。

 

ボタンは大きくて加工してあり押しやすくなっています。

 

ワールドタイム、タイマー、アラーム、ストップウォッチなど、通常のG-ショックに搭載している機能はほとんど使えます。

便利なのは針退避機能。

文字盤下部にあるボタンを2回続けて押すと、画面に重ならない場所まで移動します。ストップウォッチ等を使うときに便利。
もう一度2回押す・モードの切り替え・1時間経過で元に戻ります。

 

ライトは文字盤下部にあるボタンを1回押すと光ります。

ただし文字盤全体を光らせるのではなくあくまで一部のみ。しかも1秒強しか光らないのでおまけ程度ですね。

細かな機能については付属の説明書、もしくは公式HPのPDF説明書を確認したらだいたい分かると思います。

公式 取扱説明書

 

裏蓋は”二重裏蓋構造”を採用。
二重構造とすることで裏面への衝撃をガード。ボタン構造の耐衝撃化によりボタンガードのない外装デザインも同時に実現しています。

 

ベルトは頑丈そうであまり痛むことは無さそう。

 

表面から見たときはそこまで派手じゃないですけどベルト裏面は全面イエロー。

 

ワンタッチで着脱できる便利なベルトを採用しています。気軽に交換できて○。

 

ベルトのラグ部分にはロゴ無し。裏側に”THAILAND”と記載あり。

 

最後は謎にPS4コントローラーとのコラボ。

着用画像レビュー

いろんな角度からのリストショット。ケースサイズ48.7cmなのでさすがに少しだけ大きく見えますね。
ちなみに管理人の手首回りが約16~16.5cmです。参考にしてください。

 

横からの画像。
ケース厚は14.1mm。割と厚めなので服と干渉しそうですね。ぶつけないようにも注意が必要かもしれません。

 

軽いですし着け心地は悪くありません。
ただベルトは長めなので管理人以上に手首が細い人はかなり余りそうですね。

 

仕事中に着けるにはちょっとゴツゴツしすぎかな。

 

外の自然光の下でのリストショット。
外だと黄色がよく映えますね。Tシャツ&短パンなどのカジュアルな服装に合わせたいところです。

 

レビューまとめ

  • G-ショックの新定番シリーズ
  • カーボンコアガード構造でかなり頑丈
  • 大きめサイズにもかかわらず軽い
  • 機能面も豊富

そんな感じの”GA-2000”シリーズからタイガース風カラーリングがカッコいい「GA-2000-1A9JF」を紹介しました。

性能面では他のシリーズには劣りますが、どのモデルもかっこいいのでソーラー充電・電波時計が不要な方におすすめめです。

定価が税込17,600円、実売価格が税込12,000円程度とお手頃価格なのもポイントです。

以上G-ショック「GA-2000-1A9JF」レビューでした。

≪関連記事≫
≪関連記事≫
スポンサーリンク
腕時計レビュー
ずぶしろ.com ~腕時計を中心とした個人ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました