【レビュー】ハミルトン「ジャズマスターオープンハート(H32565555)」【使用感・感想】

腕時計大好きブロガーのずぶです。

僕の持っている腕時計のうち非常に気に入っているモデルがあるんです。

それが「ハミルトン ジャズマスターオープンハート」。

当記事は僕のお気に入りモデルを、写真をできるだけ使って詳しくレビューしていきます。ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ハミルトン ジャズマスターオープンハート H32565555

今回レビューするモデルはこれ。

僕が言うのもなんですが、めちゃくちゃかっこよくないですか?

こちらのモデルの一番はオープンハート! 文字盤に大きな窓があり、内部の機械が丸見えになっています!

オープンハートとは「心臓部分(=ハート)が見える」モデルのこと。

ハミルトンはスイスの腕時計ブランドで、センスのいいデザインと高すぎない購入しやすい価格帯のモデルが数多くある、若者に大人気です! 下の記事におすすめモデルや魅力などをまとめてますので是非ご覧ください!

こちらの記事もどうぞ

簡単にスペックをご紹介

簡単にですがスペックを紹介していこうと思います。

スペック
  • ケース直径:40mm
  • ケース厚:11mm
  • 重さ:70g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • その他:オープンハート、シースルーバック

こんな感じです。

このモデルの一番の特徴はなんといってもオープンハート! デザインが最高です!

40mmのケース直径は僕には大きすぎず小さすぎずちょうどいいサイズ。でも手首が細い人にはちょっと大きいかもしれないですね。70gなので重くないのがうれしいところ。

ここから写真乗っけます!

お待たせしました!

ではここから写真を乗っけていきます!

まずは文字盤を!

美しい文字盤をたっぷりとご覧ください!

いやぁ~美しいですよね。

ネット上では「ダサい」なんて声も上がってますが、やっぱりこのオープンハートのモデルにして良かった。しかも茶色の針がどこかエロさを醸し出してませんか?

素晴らしい!

こちらの記事もどうぞ

細かいところも!

裏側とかベルトとか細かいところまでご覧いただきましょう!

機械式時計の象徴ともいえるシースルーバック。

「HAMILTON」と書いてある部分が左右に動くことで中のゼンマイが巻きあがります。この動きを見てるのも楽しいですよ!

いたるところに「HAMILTON」って書いてありますね。

そんなことより、革ベルトに使用感が出すぎてますね。休みの日にしか使ってないですがこんな感じけっこうボロボロになります。

夏にヘビーローテーションするとこれどころじゃないぐらいボロボロになるので、革ベルトの腕時計を使用する際はご注意ください。

着用画面もたっぷりと!

では着用している画像もたっぷり用意してますのでどうぞ!

ほんとに良い!

大きすぎず小さすぎずちょうど良いサイズなんじゃないでしょうか! ちょっとだけ大きいですかね?

僕の手首周りはおそらく16cmだったと思うので、購入を悩んでる人には参考になったんじゃないでしょうか!(手首サイズは自信ないので測って修正します)

 ここがちょっと…って点

日付表示がない

文字盤を見ていただけたらわかると思いますが、日付表示・曜日表示がありません。

ですので、仕事用に使うのはちょっと向いていないかもしれないですね。

革ベルトなので夏には使いにくい

夏はあまり使わないようにしていましたが、けっこうボロボロでした。長く使いたいので気を使ってましたが、しょうがないですね。

先ほど言いましたが、夏にヘビーローテーションすればもっとボロボロになるのでご注意を!

機械式時計なので注意点が多い

このモデルは機械式時計です。

電池式(クォーツ)に比べると注意する点が多いのがめんどくさいって思う人もいるかもしれませんね。下の記事に注意点等いろいろまとめてますので、気になる方はご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

おわりに

写真を多めに準備してみました。いかがでしたか?

ほどよいブランド力と手を出しやすい価格帯で大人気のハミルトン。その中でオープンハートモデルに興味があったり、購入を検討している人に参考になればうれしいです!

僕は買ってよかったと思います! 非常に満足度の高いモデルです!

こちらの記事もどうぞ

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*