オリエント「MAKOⅢ Kamasu(RN-AA0809B)」レビュー|黒×金ダイバーズウォッチ

腕時計レビュー

管理人大好きオリエントの時計をまた買ってしまいました。今回は国内版Mako3(RN-AA0809B)。Kamasu(カマス)とも呼ばれているそう。

というわけでこの記事では

  • スペック
  • 外観
  • 着用時の画像

を中心にレビューしていきます。

オリエント「MAKOⅢ(RN-AA0809B)」

結構前ですがAmazonでかなり安くなっていたのでついついポチってしまいました。衝動買いです。

今回はメカニカルダイバーズウォッチ「RN-AA0809B」を購入。海外モデル「Mako3(RA-AA0005B19B)」の国内製造版です。

黒×金がド派手かと思って身構えていたんですけど、いざ実物見てみるとそこまで派手じゃないですね。カッコいい。

スペック

RN-AA0809B
ケース経41.8mm
ケース厚約12.8mm
重さ約101g
駆動方式機械式(自動巻き)
キャリバーF6922
風防素材サファイアクリアスタル
耐水性能日常生活用強化防水
(20気圧)
その他デイデイト表示

ダイバーズウォッチとしては大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい大きさのケースサイズ。やや大き目かな。実際の着用イメージはこんな感じ⇩

管理人の手首回りは16~16.5cmです。着用画像は記事中ごろ以降にも載せているので参考にしてください。

ガツガツ使いたいのでサファイアクリスタルは嬉しいポイント。あとラバーベルトのおかげで軽いのもありがたい。夏のアウトドアシーンで活躍しそうです。

そういえばいろいろ調べると同じMako3でも海外ファンは

・サファイアクリスタル⇨Kamasu
・ミネラルガラス⇨kanno

と呼んで楽しんでいるようです。誰が言い出したのか不明ですがここはそれに従っていきましょう。

⇧カマス

それよりも一点不明なのが防水性能。
「日常生活用強化防水」で「20気圧」ってどういうことですかね? 個人的には日常生活用強化防水=5~10気圧って認識。

まあよくわからないですが、それよりかは防水については安心できると思っておいていいかな。

カラーバリエーションが豊富!

カラーバリエーションは全7種類(2021/12/1時点)。

  • 黒(RN-AA0001B)
  • 青(RN-AA0002L)
  • 赤(RN-AA0003R)
  • 青ラバー(RN-AA0004L)
  • 青×金(RN-AA0005A)
  • 緑(RN-AA0808E)

今回購入した黒×金以外に黒・青の定番カラーから緑・赤などの個性派も揃っています。緑文字盤良いですね、色違いで欲しい!

スポンサーリンク

「MAKOⅢ(RN-AA0809B)」外観と付属品

今回はAmazonで購入。
付属品は説明書と保証書。

 

素晴らしい。秒針の赤もワンポイントでいい感じです。

 

派手な組み合わせなのに不思議とそこまで派手に感じませんね。

 

Mako2は一部アラビア数字インデックスでしたが、Mako3は全てバーインデックスでシンプル。曜日・日付表示もあり。

 

6時位置にはキャリバー№(F692)の記載あり。

 

リューズはねじ込み式。ロゴ有。
手巻き&ハック付きキャリバーF6922搭載。ベゼルはもちろん逆回転防止構造。

 

裏蓋はスケルトンじゃないのは残念。
素材・日本製・製造番号などが記載されています。

 

シリコンのラバーベルト。
柔らかくて着け心地は抜群です。

 

長めなので少し余ってしまいます。

 

仕事用には…ちょっと使えなさそうですね。

 

夜光も程よく光ります。

着用画像レビュー

いろんな角度からのリストショット。ちょどいいサイズ感です。

 

厚さは約12.8mm。サファイアクリスタルで傷には強いとはいえぶつけないように注意。

 

ベルトの着け心地が思ってたよりも良くて感動。
ラバーベルトって固くて融通の利かないのが多くてあまり好きじゃなかったんですけどこれはあり。

 

外でのリストショット。
自然光の下でも視認性は問題なし。ゴールド部分がいい感じに光ってますね。

ベルト交換レビュー

手持ちの22mm幅ベルトに交換してみました。

NATOベルトと革ベルト。
個人的にはラバーベルトが一番しっくりきてます。着け心地もいいしこのまま使うつもり。

Mako2&Ray2との比較

兄弟機ともいえるMako2とRay2と簡単に比較してみます。

左:Mako2(SAA02002D3)
右:Ray2(FAA02003B9)

まず目につくのがインデックス。Mako3は全てバーインデックス、Mako2は一部アラビア数字、Ray2はドットインデックス。

ダイバーズウォッチ味が感じられるのはドットインデックス。バーインデックスはスタイリッシュに見えます。

Mako2&Ray2が少し丸っこくてかわいい感じ、Mako3はもう少しシャープな印象です。黒とか青文字盤なら仕事用にも使えるかもしれませんね。

あとはベゼルも少し違いますし、Mako3は文字盤の縁が他とは違います。
兄弟機なので基本的には似ていますが、こうやって並べると細かな違いが分かって面白いですね。

オリエント「MakoⅡ(SAA02002D3)」レビュー|バランス良い海外モデルダイバーズウォッチ
オリエント「RAY RAVENⅡ(FAA02003B9)」レビュー|ブラックコーティングがシブい

 

レビューまとめ

  • オリエント人気ダイバーズMakoの後継機
  • 黒×金は意外と大人しめの印象
  • 風防はサファイアクリスタルで傷に強い
  • ダイバーズウォッチとして大きすぎず小さすぎないサイズ感
  • Mako2&Ray2との違いはわずかだが比べると面白い

一つ持っていればカジュアルシーン・アウトドアシーンで活躍できるのでおすすめですよ。NATOベルトで気分転換するのも楽しいです。

以上、オリエント「MAKOⅢ(RN-AA0809B)」レビューでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
腕時計レビュー
ずぶしろ.com ~腕時計を中心とした個人ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました