【TUDOR(チューダー)】ヘリテージブラックベイの人気モデル5選のご紹介

腕時計
腕時計を買うなら増税前がおすすめ!
出荷日が10/1以降になると消費税10%になるので、できるだけお早めに!

2018年10月、ついに日本国内に正規ショップ展開が始まった『TUDOR』。腕時計好きの中では知らない人はいない評価の高いブランドですが、一般知名度はまだまだ。

この記事ではそんな『TUDOR』のフラグシップシリーズ”ヘリテージブラックベイ”の中から、特に人気でおすすめしたいモデルを厳選して5つご紹介します。

『TUDOR』の魅力を感じてみてください。

 

※当記事は東京都中野にある腕時計店「The Watch Company」様とのタイアップ記事となっています

TUDORとは

1930年に高級腕時計ブランド『ROLEX』のディフュージョンブランド(※)として誕生した『TUDOR』。

個人的に、読み方は「チュードル」の認識でしたけど公式では「チューダー」って呼んでほしいみたいですね。なので以降は読み方は「チューダー」に統一します。

『TUDOR』は「文字盤・リューズ・裏蓋などの多くの部品は『ROLEX』と同じものを使いっているにもかかわらず安い」といった印象。まあ、中には”プアマンズROLEX”と思っている方もいそうですね。

ただ、そんな印象から脱却すべく1990年代から独自路線にも力を入れ始めていました。

  • 自社製ムーブメントの開発
  • 『ROLEX』とは一味違ったデザイン
  • 『ROLEX』にはないスポーツラインやヘリテージライン
  • 『ROLEX』ではできないコラボモデル

などなど。

『ROLEX』とは完全に別のファンを獲得し、”プアマンズROLEX”とは言わせないぐらいにブランドイメージが確立されてきました。

冒頭でも言いましたが、日本でも徐々に認知され始めた2018年10月31日、ついに正規店舗が日本国内にオープン。これからどんどん知名度上がり、大人気ブランドになっていくはずです!

 

※ディフュージョンブランド
普及を目的とし、知名度の向上や販売の拡大の為につくられた「廉価ブランド」のこと。

 

人気モデル

ヘリテージ ブラックベイ GMT 79830RB

 

ペプシカラーベゼルが印象的なGMT機能搭載モデル。

バーゼルワールド2018で『ROLEX』のGMTマスター2(ペプシ)と同時に発表され話題になりました。2018年10年31日のオープン初日、1時間ほどで全国の正規ショップ全てで完売した人気モデルです。

『ROLEX』びステンレスペプシベゼルモデルが品薄なこともあって、こちらに流れたのかもしれませんね。今でも品薄状態が続いていることも多いみたいなのでご注意を。

 

スペック

  • ケース直径:約41mm
  • ケース厚:約14.5mm
  • 重さ:約185g
  • ムーブメント:自動巻き(自社製)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • 防水:200m
  • その他:デイト表示、GMT

 

 

ヘリテージ ブラックベイ58 79030N

 

こちらもバーゼルワールド2018で発表された新作「79030N」。

一番気になったのが39mmのケースサイズ。これまでブラックベイは41mmがほとんどだったので嬉しい方もいるんじゃないでしょうか。

1958年に発表された『TUDOR』初の200m防水ダイバーのオマージュモデル。当時のデザイン・スペックを再現したヴィンテージ感溢れるモデルとなっています。

管理人も手首が細めで39mmぐらいがちょうどいいと思っている派。この記事で紹介している中ならこれが欲しいと思っています。

 

スペック

  • ケース直径:約39mm
  • ケース厚:約12mm
  • 重さ:約ーg
  • ムーブメント:自動巻き(自社製)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • 防水:200m
  • その他:

 

 

ヘリテージ ブラックベイ 79230N

 

『TUDOR』の人気モデルのリニューアル版。カラーバリエーションは3色「79230N=黒」「79230B=青」「79230R=赤」です。

一番の変更点は自社製ムーブメントを搭載したこと。

クロノメーター認定の70時間パワーリザーブです。リニューアル前はETA製ムーブメントだったのでこれは素晴らしいリニューアルですね。

これだけの作りで30万円台前半で購入可能。自分へのご褒美にどうでしょうか。

 

スペック

  • ケース直径:約41mm
  • ケース厚:約15mm
  • 重さ:約182g
  • ムーブメント:自動巻き(自社製)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • 防水:200m
  • その他:

 

 

ヘリテージ ブラックベイ クロノ 79350

 

ブラックベイシリーズ初のクロノグラフ搭載モデル。

ブライトリングとのパートナーシップ締結により実現した自社製クロノメータームーブメントCal.MT5813搭載。Cal.MT5813はブライトリングのムーブメントがベースになっています。

無骨で粗削りでヴィンテージっぽいデザイン、ガッチリとした質感や着け心地が男らしい印象。ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍できる一品ではないでしょうか。

 

スペック

  • ケース直径:約41mm
  • ケース厚:約15mm
  • 重さ:約189g
  • ムーブメント:自動巻き(自社製)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • 防水:200m
  • その他:デイト表示、クロノグラフ

 

 

ヘリテージ ブラックベイ 79250BM

 

珍しいブロンズカラーが印象的なモデル。

なかなか購入するのに勇気のいるカラーリングですね…。『TUDOR』1本目には選ばないかな…。

でも、ヴィンテージ感を前面に出したカラー・デザインがちょっとだけクセになりますね。あれ?もしかしてかっこいい?

使っていくと変色していく素材を使用しているためエイジング(経年劣化)が起こるので「味」と感じられる人におすすめです。

 

スペック

  • ケース直径:約43mm
  • ケース厚:約14.5mm
  • 重さ:約115g
  • ムーブメント:自動巻き(自社製)
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • 防水:200m
  • その他:

 

 

おわりに

人気高級腕時計ブランド『TUDOR』の”ヘリテージブラックベイシリーズ”の中から特におすすめしたい人気モデルを紹介しました。

2018年10月、ついに日本正規店が上陸した『TUDOR』。これから間違いなく知名度も上がり、『ROLEX』にも負けず劣らずのブランドになっていくでしょう!

値段も上がっていくでしょうし、手に入れるのなら今かもしれませんね。

ただ、ネットで高級時計を買うのは怖いですよね。トラブルを防ぐには、やはり実店舗に足を運んで試着することをおすすめします。

東京都中野区にある腕時計店「The Watch Company」では、ここで紹介したモデルの他にも魅力的な腕時計がたくさん揃えられています。お近くの方は一度足を運んでみて試着してみては?

ではでは良い腕時計ライフを!

 

腕時計高価買取ランキング

時計買取.biz
時計買取.biz

一括査定による買取金額アップを期待できる『時計買取.biz』。

1社に査定依頼をするだけで、複数の買い取り業者がオークション形式で査定金額を提示する”一括査定システム”。

数少ない腕時計買取の一括査定業者でも、群を抜いておすすめしたいのが『時計買取.biz』です。

・最大10社による一括査定
・時計買取歴20年以上の実績
・自社で販売をしているため買取相場以上の値が付くことも
・最大1000万円の保険が無料付帯
・最短即日での振込が可能
・店舗での買取&現金払いも可能
・査定料、送料、キャンセル料無料

一括査定による買取金額アップが期待できるのが『時計買取.biz』です。

KOMEHYO(コメ兵)

創業70年を超える老舗『KOMEHYO(コメ兵)』。

老舗ならではの”買取実績・ノウハウ・取引バイヤー数”が他社に比べ群を抜いています。東証上場企業が運営している点でも安心です。

日本だけでなく海外にも多彩な販売ルートを持つこともコメ兵の強み。

・宅配買取は送料、キャンセル料無料
・梱包キットに入れて送り返すだけで簡単
・最短だと到着当日に査定結果がわかる「スピード」
・日本全国どこでも査定可能
・楽天ポイントがたまる

とにかく簡単に高額査定が期待できるのが『KOMEHYO』です。

バイセル

現金化までのスピードが最大の魅力の『バイセル』。

出張買取なら申込から最短30分で自宅に来て査定し&その場で現金を受け取ることができます。

宅配をセットすことも、店頭に足を運ぶこともなく、自宅で待っているだけなのは嬉しいですよね。

・最短30分の出張買取
・即現金が受け取れる
・時計専門店では対象にならない国内ブランドも査定可能
・着物・切手・宝石・古銭・骨董なども合わせて査定可能
・女性査定員も在籍
・査定料、送料、出張料は無料
・バイセル独自のアフターフォロー

とにかく早く現金にしたい、時計以外にも売れるか確認したい方は『バイセル』がおすすめ。

関連記事
関連記事
スポンサーリンク
腕時計
ずぶしろ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました