腕時計の正規輸入品? 並行輸入品? 違いをわかりやすくご説明します!【メリット・デメリット・並行差別】

腕時計をできるだけ安く買いたいですよね?

そんな方は「並行輸入品」を選ぶのがいいですよ!

でも、並行輸入品といえば「騙された」「偽物だった」等の悪いイメージを持っている方がいるのも事実。

この記事は「そもそも並行輸入品・正規輸入品とは何か」「それぞれのメリット・デメリット」をできるだけ詳しく説明して、腕時計購入を考えているあなたに正しい知識をつけてもらおうと思います!

では最後までご覧ください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

正規輸入と並行輸入の違い・メリット・デメリット

ではさっそく両者の仕組みの違い、メリット、デメリットを書いていきます!

と、その前に簡単に図でまとめたのでイメージしていただいてから話を進めていこうと思います。

まずは図をご覧ください

並行輸入・正規輸入イメージ

どうですか? なんとなくイメージできましたかね?

それでは正規輸入品と並行輸入品の特徴(メリット・デメリット)を詳しく説明していきますね!

正規輸入品

正規代理店から輸入するルートです。図で言うと①番ですね。腕時計ブランドと、契約関係にある企業などが直接輸入し日本国内で販売します。

メリット

腕時計メーカーと提携している正規の代理店のため、偽物の可能性が限りなくゼロです。ブランドイメージを下げるような安売りはしないので、ホンモノにこだわりがある方は絶対にこちらです!

デメリット

値段が正規の値段でしか購入できないこと。並行輸入品と比べると割高感が否めないです。それと、海外限定モデルで日本で発売することのないモデルだと、正規輸入品で購入することができないのがデメリットと呼べますね。

並行輸入品

腕時計メーカーと契約関係のない第三者が買付けて、日本に輸入し販売するルートです。図で言うと②番のほうです。

メリット

なんと言っても、お安く購入することが可能! 企業イメージのことを考えることもないため、円高還元セールとかもやっちゃいます。

正規輸入品と比べてしまうとなかなか正規輸入品が買いにくい価格差になっている場合もありますね。

もうひとつのメリットは日本未発売のモデルが購入可能! メーカーが日本で発売しない方針だった場合でも並行輸入品で出回ることがあります。周りの腕時計マニアと差をつけられるかも!?

デメリット

腕時計ブランドと契約関係のない第三者が関わっているため、偽物だったり傷物が出回る場合も。知らず知らずのうちに偽物を売りつけられている可能性もあります。

腕時計メーカーの保証対象外の場合があります。後述するオーバーホ―ル等の並行差別なんかもその一例ですね。

最後のデメリットは返品不可の場合がほとんど。もし仮に偽物に気づいても返品できないため泣き寝入りすることもあるとか。

どうすれば偽物を防げる?

きちんと会社の形態があって、大量に販売しているところはほぼ大丈夫と言っていいでしょう! そもそも偽物とわかって販売することは犯罪ですし、会社としてリスクはそこまでして負えないですからね。

あまりにも他と比べて安すぎるものは注意したほうが良いかもしれません。いくら並行輸入品が安いとはいえ、限度があります。安いからと言ってむやみやたらに飛びつくのは危険です。

でも、偽物の可能性が高いのを承知で買いたい奇特な方なら、ぜひ飛び込んでみてください!

並行差別って?

「並行差別」

聞いたことありますか?

その名の通り、並行輸入品を差別することです。穏やかではないですねぇ

まあそんな悪質でもややこしい話でもなくて、機械式時計のオーバーホール(分解洗浄)時に並行輸入品だと、正規料金よりも高い値段でしか引き受けてくれないことです。

せっかく安い値段で買ったお気に入りの腕時計を長く使うためのオーバーホールが、割高だったらなんのこっちゃって感じですね。

全部がそうではないのでご安心を

並行輸入品全部が並行差別を受けているわけではないので安心してください。特定のブランドに限ってのお話です。

世界ナンバーワンの腕時計グループスウォッチグループは並行差別をしていないことが知られています。

ちなみにスウォッチグループの主なブランドは、ハミルトンなどがあります。これらのブランドが並行差別じゃなかったらけっこう安心感がありますね!

こちらの記事もどうぞ

結局、どちらがいいかは何を重視するかによって違う

お話ししてきた通り、正規輸入・並行輸入のどちらにも良い点も悪い点もあります。

どっちの選択が正解かは、結局のところ個人個人が何を重視して腕時計に携わるか、が重要だと思います!

ですので、例えば安心感が重要だと思っている方は正規輸入品を選ぶのが正解。安さが重要だと思っている方は並行輸入品を選ぶのが正解。

後悔しないためにもいろんな角度から考えてみてください。たかが腕時計を買うだけですけど、自分が何に重きをおいているかを考えるのに良い機会じゃないですか?(そんなに重い話じゃない)

考えるのが面倒な人(僕みたいな人)は、何も考えずに直感で選んでみるのも一つの正解かもしれませんね。

おわりに

これであなたも正規輸入と並行輸入の違いがわかってすっきり!

それぞれのメリット・デメリットもわかったのではないでしょうか?

どちらを選んでも今後の腕時計ライフにとって、納得のいく選択をしたいところですね。

お気に入りの相棒を見つけられるように応援してます!

こちらの記事もどうぞ

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*