紺の盤面に茶色の針がたまらん!オリエントスター スタンダード WZ0351EL【レビュー】

オリエントの大ファンで当ブログ管理者のずぶです。

腕時計は何本か持ってますが、仕事用にちょうどいいのがなかったのでずっと探し回っていました。そして、こいつと出会ってしまったんです。一目惚れしました。

それが今回ご紹介する「オリエントスター スタンダード WZ0351EL」

購入以来、長らく愛用しているこのモデル。細部のデザイン、スペックや使用感など、できるだけわかりやすくレビューしていきたいと思います。

この記事はこんな人向け!
  • WZ0351ELの細かいところまで見たい方!
  • 愛用者の声を聞きたい方!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オリエントスター スタンダード WZ0351EL

僕が一目ぼれしたのがこのモデル。紺の盤面に茶色の針が美しい。

”オリエントスター”というモデルはオリエントの代表的なモデルです。1951年に発表されてから超ロングセラーを続け、これまでの総生産量はなんと1億個以上!

オリエントスターはさらに細かくモデル分けされており、このモデルはその名の通り”スタンダード”、すなわち定番のモデルです。

詳しくは↓の記事をお読みください。

こちらの記事もどうぞ

簡単にスペック紹介

では簡単に「オリエントスター スタンダード WZ0351EL」のスペックをご紹介していきます。

スペック
  • ケース直径:39mm
  • ケース厚:12.2mm
  • 重さ:146g
  • ムーブメント:自動巻き
  • 風防素材:サファイアクリスタル
  • その他:パワーリザーブ、デイト表示、シースルーバック

となっております。

直径は39mmと、僕には大きすぎず小さすぎずちょうどいいサイズです。ケース厚と重さはまた後述しますが、少し厚めで重ためです。

パワーリザーブ、デイト表示は仕事用にはとても便利です。

ではさっそく写真を見ていただきましょう。

箱と付属品

箱はこんな感じです。

WZ0351EL 箱

いいですね。

高級感があります。

そして付属品はこちら。

WZ0351EL 付属品

右上が時計を巻くモフモフのやつ。

左下がベルト調節時に余ったバックル。

右下が保証書ですね。

撮り忘れましたが説明書が付いてました。

ほんとは、ばね棒外し(バンドの長さ調節するための棒)が付いてたんですが、他の時計のベルトを外そうとした時に、先が曲がったので捨てちゃいました。

あんまり耐久性がなかったので、ベルトの長さを調節したい時や他のベルトに変えたいときは、専用の道具を買ったほうが良いですよ。

これで約600円。高ければ2,000円以上のものもありますが、これで十分です。

では開封(風に撮りました)

今回は新品ではないので、新品を買ってきた風に取り直しました。

オープン!!(風)

WZ0351EL 箱の中

素晴らしい。

購入した当時のドキドキワクワクした気持ちが再度蘇ってきました。撮りなおしてよかった。

どんどん行きます!

WZ0351EL 正面

素晴らしい(2回目)。

スマホのカメラ性能、写真を撮る技術、両方ダメなのが悔やまれる。生で見たらこれの5倍は美しいと思ってもらってもいいかも。

12時位置から2時位置にかけてのパワーリザーブが、ちょっとしたアクセントになってていい感じです!

細かいところもお見せします

では続いては細かいところまでお見せします。

まずは裏側から。

WZ0351EL 裏

これが機械式腕時計の証明だ! と言わんばかりのシースルーバック。

いいですね!

オリエントスターのマークがこんなところにもあります。Oの中にSが書いてあるマークですよ。

一番手前にある部品わかりますか? 「ORIENT STAR」って書いてある部品です。自動巻きの機械式腕時計は、ここが回ったり振り子みたい動くことによってゼンマイが巻かれていきます。

そしてゼンマイがほどける力を利用して部品が動き、針が動くんです。腕時計の豆知識。

続いてはメタルバンドの着脱部分です。

WZ0351EL バンド

この部分は特段コメントはないです。普通です。

オリエントスターのマークがこんなところにも輝いていますね。

それにしても。改めて見ると傷が多いですね。長年付き添った相棒です。

次が最後横部分。

WZ0351EL 横から

4時位置のリューズ部分です。

よく見るとリューズにもオリエントスターマークが。

横から見るとよくわかりますが、盤面のガラスはフラットにカットされているためぶつけにくいです。

装着してみます

長らくお待たせしました。

装着したところです。

素晴らしい(3回目)。

僕の細めの手首にもジャストサイズですね。

手首周りをちゃんと測ったことがないので何とも言えないですが、16cmほどだと思います。参考にしてください。

もう一度になりますが、12時位置にあるパワーリザーブもワンポイントになっていて、ほんとにいい感じ!

続いて横から。

少しだけ厚めですね。

こればっかりは機械式腕時計の宿命です。機械式時計は中の部品がクオーツ式に比べて多いため、どうしても厚くなっちゃうんですよね。

個人的にはボリュームがあっていいと思ってるんですが、ダメな人もいそうですね。

最後にアップを。

美しすぎませんか(半ギレ)

この、美しい濃紺の盤面にピンクゴールドとも茶色とも言えない絶妙な色の針とインデックスのコラボレーション。仕事中に目を奪われそうになる気持ちもわかるでしょ?

こちらの記事もどうぞ

ビジネス用に使っています

スーツにWZ0351EL

最初に言いましたが、僕はこの腕時計を仕事用として使っています。

購入するときにふと「ちょっと派手ちゃうかな?」と思ったのですが、それは心配ご無用でした。全然大丈夫。問題なし。仕事中に派手と思ったことはないです。

茶色の針とインデックスがいい具合に存在感を発していますよ。

初めて着用していって以来、よく褒められて気分がいいです。

ちょっと気になるところ

たいしたことではないですが、3点あります。

1点目が先ほど言いましたが、少し厚い。

たまに机などにぶつけてしまいます。その時はショック。すぐさま傷がついてないか確認します。

2点目が重さ。

スペックを見てもらったと思いますが、重さが「146g」。どのくらいの重さかと言いますと、野球の硬球ぐらい、もしくは第5世代ⅰPod80ギガモデルぐらいです。

1日着けてるともしかしたら重いと感じる方もいると思います。

僕はもう慣れましたけどね。重さは慣れますよ。

3点目が精度。

機械式腕時計のためどうしても精度は完ぺきではないです。

僕のはひどいときで日差±5秒ほど。基本+になりますね。進みすぎます。

秒単位で仕事している方はやめておいたほうが無難ですね。電波時計やアナログ時計の購入をおすすめします。

こちらの記事もどうぞ

口コミをいくつか紹介

Amazonの口コミからいくつか紹介。

評価は満点の5つ星!

文字盤のネイビーがストライプ入りでとても綺麗だし、文字がゴールドでネイビーとの相性もいいです。

そう! 色合いが絶妙なんですよ!

最高にかっこいい!
落ち着いていてそれで爽やか!
ずっと使います!

ほんとにかっこいいんですよね!

こんな人にいいかも!

  • 機械式腕時計の入門機をお探しの方!
  • コスパの良い機械式をお探しの方!
  • 仕事用の腕時計をお探しの方!
  • 紺色・青色の盤面をお探しの方!
  • オリエントのファンの方!

ぜひ参考にしてみてください!

おわりに

今回は僕が愛用している「オリエントスター スタンダード WZ0351EL」を紹介しました。腕時計購入を検討している方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

仕事用としてもプライベート用としてもどちらでも使える「オリエントスター スタンダード WZ0351EL」。

これだけの腕時計が約40,000円ほどで買えるなんて、オリエントありがとう!

機械式の入門機としてもいいですし、性能面では同価格帯の海外メーカーと比べるとコスパが段違いに良い! オリエントは一般的にはマイナーなメーカー(←失礼)ですので、周りの人と被ることがめったにないのもおすすめです!

腕時計をお探しの方は、検討してみる価値のある腕時計だと思いますよ!

こちらの記事もおすすめ

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*