【チプカシ】カシオ「スタンダード MW-600F-4A」レビュー|赤文字盤良き

腕時計レビュー

”チプカシ”の愛称で幅広い年齢層に人気のカシオ「スタンダードシリーズ」。1,000円~3,000円ほどの価格で超お手頃な腕時計です。

この記事ではそんな”チプカシ”から、どことなく赤い彗星っぽいデザインの「MW-600F-4A」を紹介します。

  • スペック
  • 着用画像
  • 注意点

など、感想を中心にレビューしていくので腕時計選びの参考にしてください。

カシオ「スタンダード MW-600F-4A」

今回購入したのは赤い文字盤とロボットっぽいインデックス&デザインが印象的なチプカシ「MW-600F-4A」。
冒頭にも書いていますが某アニメの赤い彗星っぽいですよね(アニメを見たことないので雰囲気で書いています)。

お値段はAmazonで2,400円(2021/2現在)。
チプカシのレビューで毎回言っていますが安いですねー。安いおかげで気軽(?)に増やせてしまいます。

思ってたよりも落ち着いた赤色なので使いやすいのも高ポイントです。

スペック

MW-600F-4A
ケース経約41.5mm
ケース厚約12.4mm
ラグ幅15mm
重さ約35g
駆動方式クォーツ
平均月差±20秒
風防素材ー(不明)
耐水性能10気圧
その他デイ表示

本モデルで特筆したいのが電池寿命10年ということ。

一度交換したら10年も電池交換しなくていいのは凄いですよね。場合によっては電池より先に本体が故障したりベルトが痛むこともありそう。

もちろん購入した時計にセットされている電池は”時計の機能や性能をチェックするためのモニター用電池”なので10年も持たないので要注意。

あと、カタログ上ではケースサイズ41.5mmとなっていますが、実物はそこまで大きく感じません。文字盤が小さいためかせいぜい38mmぐらいな感覚でした。

実際どんな感じに見えるかはこの記事の着用画像を参考にしてみてください。ちなみに管理人の手首回りは約16~16.5cmです。

10気圧防水なのも安心。

ベルトのラグ幅が15mmとかなり珍しいので交換用のベルトを探すのが難しいかもしれませんね

カラーバリエーション

現在のカラーバリエーションは以下の5つ

レッドにしたのはなんとなく。赤文字盤の腕時計を持ってなかった&安いのでこの機会にってことで選んでみました。。

使いやすいのはやっぱりブラックorブルーあたりですね。どんな場面でも活躍してくれると思います。

ブラックモデル以外は海外モデルしか無い

ブラックモデル(MW-600F-1A)の日本での型式が「MW-600F-1AJF」。現時点で日本のカタログには他カラーバリエーションはありません。

この記事で紹介しているレッドも同じ。
並行輸入している業者が1社しかないのか、購入できる店舗すべてが”箱無し”で販売中(送料を抑えるためでしょう)。

しかも普通は安くなるはずの並行輸入品が日本の型式よりも高くなる不思議。まあ数百円なので全然いいんですけどね。

今回買った商品は普通に使えていますけど、並行輸入品に不安がある方は素直に「MW-600F-1AJF」を買うことをおすすめします。

 

「MW-600F-4A」外観と付属品

今回は楽天市場で購入。前述しましたが箱無し商品です。付属品は説明書のみですが残念ながら日本語は無し。

 

落ち着いた赤文字盤がいい感じです。数字&バーインデックスのデザインともよく合っていますね。

 

とくに数字インデックスが良き。

 

文字盤上にも「10 YEAR BATTERY」とアピール。
電池寿命10年だとほぼ電池交換のことを気にしなくていいのは偉大ですよね(電池切れを起こしたら故障を疑ってしまうかも)。

 

ちなみにベゼルは回りません。
風防は少しだけドーム型っぽいです。横から見えにくくなってますね。

 

リューズ部分にはロゴ無し。

 

裏蓋には型式や素材などが記載。CASED IN CHINAと書かれているので中国組立。

 

夜光は針&インデックスともにわりとしっかり光ります。

 

ベルトはしっかりしていて他のチプカシに比べたらマシですね。比較対象はMRW-200HJ-7EJF。レビュー記事はこちら⇩

【チプカシ】カシオ「スタンダード MRW-200HJ-7EJF」レビュー|ダイバーズ風でかわいい

 

ベルトの幅は15mm。
管理人は15mm幅の替えベルトを持っていないので交換できませんがバネ棒外しを使って簡単に交換が可能です。

 

ベルトのバックル部分。ロゴ有。裏側には謎のCHINA。

 

最後は謎ショット。PS4『リビッツ!ビック・アドベンチャー限定版』付属のぬいぐるみと一緒にパシャリ。

着用画像レビュー

いろんな角度からのリストショット。ケースサイズ41.5cmですが大きさは全然気になりません。むしろ小さく見えますね。(手首回り約16~16.5cm)。

 

横からの画像。ケース厚は12.4mm。

 

ベルトが固くて浮いてしまいます。使ってるうちに馴染めばいいですけど、素材的に難しいかもしれませんね。

 

外の自然光の下でのリストショット。視認性は悪くないですね。

 

レビューまとめ

  • 落ち着いた赤色で使いやすい
  • 数字インデックスが良い感じ
  • カタログサイズほど大きく感じない
  • 箱無しで販売しているところが多い

落ち着いた色味の赤が良い感じの「MW-600F-4A」紹介しました。ベルトもしっかりして痛みにくそうですしこの値段ならかなり満足度は高いですね。

ちなみにブラックなら日本向け型式で約1,800円ほど、その他の色なら並行輸入品ですが2,400円ほどで購入可能です。

以上、カシオ「スタンダード MW-600F-4A」レビューでした。

≪関連記事≫
≪関連記事≫
スポンサーリンク
腕時計レビュー
ずぶしろ.com ~腕時計を中心とした個人ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました