ネット(Amazon・楽天等)で腕時計を買うときの注意点まとめ

腕時計ってそこまで安い買い物じゃないですよね?

安いものだと1,000円以下でも買えますけど、高いのであれば平気で10万円以上しますよね。良いのならもっともっと高いです。

なので、腕時計をAmazonや楽天市場などのネットショップで買うとき、少し緊張しませんか? 良いのが見つかったとしても、なかなか最後のポチッが押せなくないですか?

僕はします。最後は「ええい!もう知らん!」って感じで押します。

でも、ウキウキしながら待っていた腕時計が届いたときに、万が一でも「思ってたのとちょっと違う…」ってなったらショック!!

せっかく買ったのに、全然使わないとかもったいなさすぎる。

ネットで買うことのデメリットって、やっぱり実際に試着してから買うことができないことだと思うんです。

今回の記事は、そんなショッキングなことが起こらないよう、最低限チェックすべき注意点を挙げていますので、ご購入前に確認していただければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

〈その1〉大きさ

腕時計を着ける際めちゃくちゃ重要です。

ネットで気に入ったデザインのものを見つけたとしても、大きさを間違えると台無しです。画像と全然着用時のイメージが違います。

腕時計のスペック紹介のページで確認すべきところは、”ケース直径”、”ケース幅”、”ケースサイズ”などと書かれているところ!

ここにその時計のサイズが書かれています。

対策方法

すでに腕時計をいくつかお持ちの方は、その型式でググってください。サイズを確認し、それを参考にしましょう。

初めて買われる方は、まず自分の手首周りを測ってください。そして「腕時計 手首 〇〇cm」と検索し画像を見れば、大体の目安はつくと思います。

ですが、やっぱり実物の腕時計を着けたほうが手っ取り早く確認できますね。

ビックカメラなどの家電量販店に行き、店員さんにいくつか試着させてもらいましょう。できればケースのサイズも聞いてください。

それを参考にネットで品定めしたほうがイメージが付きやすいと思います。(完全なる冷やかし客ですね。すいません…)

最後に豆知識としては、

  • ガラス面の大きさが大きいほうが、時計全体が大きく見える
  • 時計の厚さが厚いほど大きく見える

です。ぜひ参考にしてください。

こうやって確認!

〇持っている時計のサイズを確認して比べる!

〇自分と同じぐらいの手首周りの人の画像を探す!(ネットは便利!)

〇実際につけたほうがイメージがしやすい!

〈その2〉重さ

ありがちなのが、「思ってたよりも重くてずっと着けてるとしんどい」です。

腕時計は基本的に一日中外すことがないので、「ちょっと重いな」と感じるぐらいだと付け続けるのがしんどくなってくるかもしれませんね。

こちらもスペック紹介に書いてあることがほとんどです。ただ、たまに書いてない不親切なサイトもありますので注意。

そんな時は「○○(型式等) 重さ」でググれば重さが検索できることもあります。

こちらの対策方法としては〈その1〉とほとんど一緒ですので割愛。

一言だけ言わせてください。重さはずっと着け続ければ慣れてきます。

こちらの記事もどうぞ

〈その3〉色合い

普段の光の当たり具合・光の質と、撮影用のライトの使い方では全然違います

言ってみれば、ネットショップにある画像は「きれいに写す」を目的とした光の当て方をしています。

ですので、実物と画像では色合いが違って当然です。

実物が届いたときに「あれ?思ってたよりも暗いな…」ってなりがちです。

対策方法

こちらもググりましょう。

「〇〇 画像」などで調べればいくらでも出てくると思います。できれば外などの自然光の下で撮ったであろう画像がベストですね。

自分で腕時計写真を撮ることを”リストショット”と言い、自分の時計を自慢げに撮っているブロガーは結構います。

こうやって確認!

〇ググりましょう!(ネットは便利!)

〈その4〉ベルトサイズ

レザー(革)ベルトを購入したの場合は、サイズ調節は基本的に不要です。

が、メタルベルトの場合ですと基本はベルト調整していない状態で到着します。何らかの方法でベルト調整しないと、ブカブカでダサいどころじゃないですよ。

対策方法

①お店にもっていく

近所の時計屋さんや貴金属屋さんにもっていきましょう。

数千円で調整してくれます。

傷もつかないですし、無難なのはこっち。

②自分で調整する

慣れれば簡単にできます。

メタルバンドは、バックル(金属片)とばね棒(留め具)で繋がっています。

ばね棒を外す道具さえあれば調節可能です。ネットで購入可能でだいたい600円~で売っています。

YouTubeに動画をあげている方もいますので、参考にしながらやっていくのがいいと思います。

おすすめはお店にもっていくほうです。自分でやると新品の腕時計に傷がついてしまうかも。せっかく買った新品の腕時計に傷がつけばかなりショックですよね。

こうやって対策!

〇購入時調整料金が無料のところで買う!

〇到着後調整可能な店で調整してもらう!(千円~)

〇自分で調節する!(動画見ながらがおすすめ!)

〈その5〉偽物の可能性

これは購入するお店が信頼できるかどうかが全てですね。

海外メーカーのもので「並行輸入」と書いてるものは少しだけ注意が必要です。

というのも、海外メーカーの正規代理店を通して輸入(正規輸入)するのと、通さずに輸入(並行輸入)では、販売価格が全然違います。

並行輸入だと同じ商品でも、リーズナブルにゲットできますが、正規代理店を通してない分、偽物を輸入してしまう可能性が少しだけありますね。

信頼できる店なら、ほとんどそのようなトラブルはないみたいですけどね。

こちらの記事もどうぞ

対策方法

店舗の口コミをよく読む。

自演の可能性もなくはないですが、悪い口コミが並んでいる店よりもいい口コミが多い店のほうが安心感はありますね。気休めかもしれませんが。

直接メールしてみるのもいいかもしれません。

店舗によっては「気軽にメールしてください!」的なことも書いてますので、「本物ですか?」と聞いてみると意外と「保証します!」って言ってくれるかも。

こうやって対策!

〇口コミをよく読む!

〇直接メールしてみるのも手!

 まとめ

ネットで腕時計を買うときに最低限注意してほしいことは、

  1. 大きさ
  2. 重さ
  3. 色合い
  4. ベルト調整
  5. 偽物の可能性

です!

それらのことがクリアになったら、”品ぞろえが豊富”とか”安く手に入れられる”などのメリットのほうが大きいです。

いい商品が見つかっても即ポチせずに、少し確認してみても遅くないと思いますよ。

こちらの記事もどうぞ

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*