【スーツ着用新卒向け】腕時計の選び方・注意点・おすすめメンズモデルまとめ

腕時計

新社会人の身だしなみに欠かせないアイテムの1つが腕時計。とくにスーツスタイルの職種ならほぼ必須と言ってもいいかもしれません。

最近はスマートウォッチ派も多いですが、アナログ腕時計もまだまだ捨てたものじゃないですよ!

というわけでこの記事は

  • 新入社員を想定
  • 初めて腕時計を買う
  • アナログ時計
  • 予算は5万円以下

そんな方に向けて作成しました。ぜひとも腕時計選びの参考にしてみてください。

※注意※
この記事は一般的なサラリーマンを想定しています。
業種により”高級時計のほうがいい”or”カジュアルな時計もオッケー”な職場もあります。社風に合わせて選択するのがベターです。

 新卒・新入社員の腕時計の選び方

ここさえ間違わなければ問題ないというポイントは

  • シンプルなデザイン
  • 白、黒、紺の文字盤
  • メタルバンド
  • 一般大衆ブランド

こんなところですね。
これに当てはまる腕時計なら特に問題ないですが、そこまで気にする必要もない…かも。先輩等の様子を伺いながら選んでください。

一点例外としてはAppleウォッチなどのスマートウォッチ。時刻確認以外にも様々な用途があって便利ですし、腕時計マウント合戦に加わらずにすむ利点もあります。

できれば三針のシンプルなデザイン

ビジネス用腕時計としての基本的なマナーとしては三針タイプ(長針・短針・秒針の3種類の針のみ)。できれば時刻が確認しやすいシンプルなデザインがベターです。

多少デザイン性があっても問題ないと思いますが、シンプルな三針タイプを選んでおけばまず間違いありません。一点例外とするならクロノグラフタイプ。

デジタル表示・ゴツゴツしたダイバーズウォッチ・ドレスウォッチ・奇抜な形状、これらはスーツスタイルには厳しいかな…。

とはいえ、あくまでもTPOに応じたものを選ぶのが一番。やはり社風や上司・先輩などにまずは合わせておくのが管理人としてはおすすめです。

できればメタル(金属)バンド

ビジネス用腕時計はメタルバンドにしておけばまず間違いありません。

その理由は2点。

  • 小物類と色を合わせる必要がない
  • 汗をかいても痛みにくい

腕時計が革の場合「革ベルト・ベルト・革靴」の色はできるだけ合わしたほうがベター(気にしすぎる必要も無いですけどね)。

夏場のことを考えると革は傷みやすいのでメタルバンドの方長持ちします。複数持つなら季節で使い分けるのもありです。

文字盤の色は「白・黒・紺」が基本

文字盤の色は「白・黒・紺」などの無難な色から選ぶのがおすすめ。管理人ならこの3つなら紺にすると思います(深い理由は無い)。

少し遊びを入れたいのであれば、暗めの赤・緑なんかでも可。オレンジや金色など目立ちすぎる色は避けておいた方が無難です。

高級時計すぎないブランド

絶対にダメとは言えないものの、パテック・ランゲ・ロレックスなどの高級ブランドは選ばない方が無難かな。少なくとも管理人は選びません。

世の中には、自分よりも良い腕時計をしていることを面白く思わないような変な上司もいるようです(小言を言われた方も実際にいるようです…)。

悩みたくないならとりあえず『SEIKO』にしておきましょう!

 

おすすめモデル

【SEIKO SELECTION】 SCDC037

日本を代表する腕時計ブランドの『セイコー』。やはりメイドインジャパンの安心感は違います。社会人なら誰でも知ってますし全く嫌味にもなりません。

こちらは性能面でも及第点、防水がもう少しあれば安心ぐらい。
実売価格が約1万円と価格面も抑えめ。迷った時のとりあえずの1本目としては間違いなしなモデルです。

スペック
ケース経約37.4mm
ケース厚約8.8mm
重さ約104g
駆動方式クォーツ
風防素材ハードレックス
耐水性能日常生活用防水
その他日付曜日表示

【SEIKO SELECTION】SBPX083

こちらはソーラー充電に加え、風防には傷がつきにくいサファイアクリスタルを使用したモデル。

上のSCDC087より約5,000円ほど値上がりますが、実用面を考えればコスパは断然上。管理人ならこちらを選びます。5連ベルトもおしゃれポイントです。

スペック
ケース経約37.4mm
ケース厚約9.2mm
重さ約106g
駆動方式クォーツ
(ソーラー充電)
風防素材サファイア
耐水性能日常生活用防水
その他日付曜日表示

【ORIENT】Classic RN-AC0001S

機械式時計に力を入れているセイコーエプソン傘下『オリエント』。機械式時計は電池式に比べて

  • 日差が大きい
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 高価になりがち

とデメリット多め。とくに「正確な時刻を表示したい」という方には不向きな時計です。

ただし「機械で動いている」ということを強く感じられて管理人が好きなので、できる限り広めていきたい!

色違いレビュー⇩

オリエント「CLASSIC RN-AC0002B」レビュー|日本版バンビーノ(裏スケ!!)
スペック
ケース経約40.5mm
ケース厚約12.3mm
重さ
駆動方式機械式
F6724
風防素材無機ガラス
耐水性能3気圧
その他 日付表示

【CITIZEN】ATTESA CB1120-50A

[シチズン] 腕時計 アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ電波時計 ワールドタイム ダイレクトフライト CB1120-50A メンズ シルバー

ソーラー電波時計と言えば『シチズン』。技術をつぎ込んだアテッサシリーズからこちら。

わずかな光でも動き続ける「光発電エコ・ドライブ」、日本・中国・アメリカ・ヨーロッパの世界4エリアの電波送信所から送信される標準電波の受信に対応。

そして素材にはキズに強く・軽く・肌にやさしく・サビにくい「スーパーチタニウム」を採用、さらに風防にはサファイアガラスを使用。

実用時計としてはこれ以上ないぐらいのスペック。それでいて実売価格で4万円以下(2022/8月時点)はコスパ最強です。

スペック
ケース経約38.0mm
ケース厚約9.3mm
重さ約85g
駆動方式クォーツ
(ソーラー充電)
風防素材サファイアガラス
耐水性能10気圧
その他日付表示
電波修正
ワールドタイム 他

【CASIO】OCEANUS OCW-T200S-3AJF

ビジネスマンから強い支持を受けているのがカシオのオシアナスシリーズ。

オシアナスブルーと呼ばれるほどの美しいブルーダイヤルが特徴でしたが、新しく爽やかなグリーンモデルが登場。緑色の文字盤ですけど落ち着いた印象なので大丈夫でしょう。

電波修正、フルオートカレンダー、Bluetoothを利用したスマホ連動(時刻修正・電池残量確認・針位置補正)など機能面でも充実。

スペック
ケース経約41.4mm
ケース厚約10.7mm
重さ約133g
駆動方式クォーツ
(ソーラー充電)
風防素材サファイアガラス
耐水性能10気圧
その他日付表示
電波修正 他

【nordgreen】Pilosopher 40mm

北欧デンマークの腕時計ブランド『nordgreen(ノードグリーン)』。2022春夏新作コレクションのマットメタルモデルです。

北欧デザインらしいシンプルさが特徴の管理人おすすめブランド。当ブログ読者専用に15%OFFのクーポンを配布中!

レビュー記事はこちら⇩

【nordgreen】春夏コレクション22「Philosopher マットメタルダイヤル」レビュー
nordgreen「Philosopher40mm」メンズモデルレビュー|ミニマルデザインがgood
スペック
ケース経約40.0mm
ケース厚約7.84mm
重さ約46g
※本体部分のみ
駆動方式クォーツ
風防素材ミネラルガラス
耐水性能3気圧
その他日付表示
\当ブログ限定15%OFFクーポン「ZUBUSHIRO」配布/
nordgreen公式サイト

【Oliver Green】CAELI

北欧デンマークの首都コペンハーゲン発腕時計ブランド『Oliver Green(オリバーグリーン)』。

サファイアクリスタルガラス・日本製ムーブメント・316Lステンレススチールなどの一流素材を採用しながら、仲介業者をしないことで同業他社ブランドの約半分の価格設定を実現したブランド。

ワンタッチでベルト交換ができるので「休日は他のベルトにして気分転換」なんてことも簡単にできます。期間限定クーポンも活用してください。

スペック
ケース経約39.0mm
ケース厚約9.2mm
重さ約ーg
駆動方式クォーツ
風防素材サファイアクリスタル
耐水性能3気圧
その他
公式サイト デンマーク発常識を覆す最強コスパウォッチブランド【Oliver Green】

 

新卒腕時計選びまとめ

  • 三針のシンプルなデザイン
  • メタル(金属)バンド
  • 文字盤は白・黒・紺であれば問題なし
  • 適度な上品さ
  • 最初は超高級ブランドは避けたほうが無難

これぐらいのポイントを確認しておけばビジネスでの最低限のマナーやTPOに合わせた腕時計は選べると思います。

  • 1万円前後⇨SCDC037
  • ソーラー充電⇨SBPX083
  • ソーラー電波修正⇨CB1120-50A、OCW-T200S-3AJF
  • 北欧デザイン⇨nordgreen、Oliver green

こんな感じですかね。
あとはデザイン・性能・価格などの兼ね合いで選んでください。

簡単なアドバイスとしては、最初に予算をがっちり決めた方が選びやすい…かも。予算ガバガバだと「あれも良いこれも良い」でどんどん高価になりがちです。

これから相棒となる腕時計、お気に入りの1品を見つけて新たな1歩を踏み出してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
腕時計
ずぶしろ.com ~腕時計を中心とした個人ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました