セイコー「海外モデルクロノグラフSSB031PC」レビュー|想像以上の作りに驚き

腕時計

腕時計の中でも№1と言ってもいいぐらい人気のクロノグラフモデル。飛行機の計器を連想させる文字盤は本当にかっこいいですよね。

この記事では、ユーザーから高評価得ている『セイコー』海外モデルクロノグラフ”SSB031PC”について、スペック・画像・着用時使用感などを中心にわかりやすくレビューしていきます。

ぜひとも参考にしてください。

セイコー「海外モデルクロノグラフ SSB031PC」

海外で作られた低価格帯モデルの逆輸入品。Amazonや楽天なら1万円ちょっとで購入できます。

カラーバリエーションはブラックのほかに、ホワイト(SSB025)グリーンっぽいインデックス(SSB027)の全3種類。

実売価格1万円ちょっとと手ごろな値段なこともあり、ネットショップのレビューの数がめちゃくちゃ多い。レビューを見ていると購入者のほとんどが満足しているモデルです。

実物を使ってすぐに満足している人が多い理由がわかりました。抜群にコスパがいいと思います。

スペック

SSB031PC
ケース経約40mm
ケース厚約11mm
ラグ幅20mm
重さ約134g
駆動方式クォーツ
風防素材ハードレックス
耐水性能100m
その他デイト表示、クロノグラフ

管理人の手首回り(約16.5cm)では大きくもなく小さくもなく、といった感じ。ちょうどいい大きさです。

そのほかのスペックも可もなく不可もなく。

風防素材のハードレックスは高級素材のサファイアクリスタルには及ばないものの、ミネラルガラスの約2倍ほどの硬度で安心です。

クォーツ時計なのでクロノグラフ機能を頻繁に使わなければ、約2年ごとに電池交換が必要です。費用は1000~2000円ほどが相場(お近くのお店で確認ください)。

 

「海外モデルクロノSSB031PC」付属品と外観

付属品はクッション・保証書・説明書。

今回は楽天市場(グローリーズウォッチストア)で購入。箱の中まで緩衝材を入れてくれている店は初めてです。こういう心遣いはうれしいですよね。

 

1万円ちょっとで買える時計とは思えないほどのかっこよさ。さすがにちょっと驚きました。さすがセイコークオリティ。

 

赤い針はクロノグラフ用です。秒針は6時位置のスモールセコンド。左側が60分積算計、右側が時積算計。分積算計が1周すれば時積算計が1目盛り進みます。

クロノグラフ(ストップウォッチ)の測定をより正確にするための1/5秒針も備わってます。

 

ベゼル部分の数字目盛りはタキメーター。クロノグラフ機能を用いて平均速度を(ざっくりと)計測できます。

クロノグラフ機能の使い方はこちら⇩
関連記事 クロノグラフ機能の名称と正しい使い方まとめ【動画あり】

 

ベルトは若干安っぽい気がしますが、普段は気にならない程度(高級時計と並べないと気付かないと思います)。

 

バックルはスタンダードなプッシュ式。

 

リューズとプッシュボタン。ロゴはありません。

 

裏ブタにはセイコーロゴと製造番号などが書かれています。組み立ては中国とのことです。

大きさ・重さ計測

リューズまで含めると約42~3mmぐらいです。

 

ラグ幅は20mmです(Amazon商品説明は19mmと記載)。

 

ベルト調節後4コマ落として119g(左)。ちなみに購入した状態では134g(右)。

 

着用時の使用感レビュー

着け心地は悪くありません。
普段22mmベルト幅ばかり着けているせいか、20mmはちょっとだけ細く感じますね。

 

プッシュボタンは思っていたよりも手首にぶつかりません。

 

ケース厚は11mmと厚めではありますが、そこまでぶつける心配はしなくてもよさそうです。

 

仕事用にもいいかもしれません。落ち着いたデザインで、高級時計みたいに変に気取らずに着けられますし。

 

via:https://www.reddit.com/

via:https://www.reddit.com/

NATOベルトも合いそうですよね。20mm幅を持ってないのでお借りした画像です。ほかにも、画像検索で調べるとブラウン系の革ベルトもかっこよかったですよ。
良いですね。

 

「海外モデルクロノSSB031PC」注意点

購入する前に気を付けたいことは

  • ベルトが若干チープ
  • バックルのベルト調整が細かくない
  • スプリットタイムは計測できない
  • というかストップウォッチなんてほとんど使わない

こんなところでしょうか。

ベルトは価格が価格だけにしょうがないですね。おそらく普段は気になることは少ないと思いますが、ベルトだけ交換してみるのもおすすめです。

ベルトはコマを落とした後バックルでも調整できるのですが、2段階しかありません(3段階が多い)。細かな調節が難しいですね。

クロノグラフタイプはたぶん機能面というよりデザインが魅力に感じている方がほとんどのはず。普段プッシュボタンなんて基本触りません。

 

「海外モデルクロノSSB031PC」レビューまとめ

以上、「セイコー海外モデルクロノグラフSSB031PCのレビュー」でした。

値段が値段だけにそこまで期待していなかったんですが、思っていたよりもかっこいい&しかりした作りで驚きました。コスパはめちゃくちゃいいと思います。

正直、2~3万円するファッションウォッチを買うくらいならSSB031PCを買うのが断然おすすめ。賢いと選択だと思いますよ(モテるかどうかは別問題)。

 

関連記事 予算別に『SEIKO(セイコー)』のおすすめメンズモデルを厳選して紹介

関連記事 【予算別】クロノグラフのおすすめメンズモデルはこれ!

関連記事
関連記事
スポンサーリンク
腕時計
ずぶしろ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました