アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」レビュー|デンマークデザインの自動巻き時計

腕時計

2015年、デンマークのコペンハーゲンで誕生した『ABOUT VINTAGE(アバウト・ヴィンテージ)』。北欧ブランドらしいミニマルなデザインと高級感を兼ね備えた新鋭ブランドです。

この度、メインシリーズの「1820 Automatic」を提供していただきました。

そこで、この記事では

  • 『アバウト・ヴィンテージ』について
  • 外観や着用時の感想
  • 注意点
  • 購入方法

を中心に紹介しています。ぜひとも腕時計選びの参考にしてください。

レビューを見るのが面倒な人は一足先に公式HPへどうぞ!

ABOUT VINTAGE公式

アバウト・ヴィンテージとは

キャッチコピーは”瞬間を生み、歴史を刻むーそうして、それはヴィンテージになる”

トマス・G・アナセンとセバスチャン・スコウの幼馴染2人が創業した新鋭腕時計ブランド。
「クラシカルでヴィンテージ×現代的な要素」を取り入れ、シンプルさとのバランスが絶妙な時計を作っていることでヨーロッパを中心に注目されています。

他の北欧腕時計ブランドとの一番の違いが”高級感”。
全モデルに高級ブランドでも使われているサファイアクリスタルガラスを使用するなど細部にもこだわりが感じられます。

なかには、スイス製機械式ムーブメントやスイス高級腕時計ブランド『フレデリックコンスタント』の自社製ムーブメントを使っているモデルもあり、正直驚きました。

そういう点で、他の北欧腕時計ブランドとは差別化が図られている印象です。

  • シンプルな北欧デザインが好き
  • 他の人とは少し違うブランドを選びたい
  • 質のいい高級時計が欲しい

こんな腕時計を探している方にとってはピッタリのブランドではないでしょうか。

アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」

今回提供していただいたのが機械式モデル「1820 Automaticシリーズ」。北欧ブランドのほとんどがクォーツ(電池)式なので機械式は珍しい。

(管理人の知ってる範囲内なら)デンマークブランドで機械式モデルを作ってるのは『アバウト・ヴィンテージ』だけじゃないでしょうか。
北欧らしいシンプル&ミニマルなデザインの機械式時計が選べるのは、機械式時計大好きな管理人としてはめちゃくちゃポイントが高いです。

しかも今なら10種類以上から選べる追加ベルトがプレゼントキャンペーン中です(普通に買えば5000円以上)。

スペック

1820 Automatic
ケース経40mm
ケース厚11mm
ラグ幅20mm
重さ約70g
駆動方式自動巻き
パワーリザーブ40時間
風防素材サファイアクリスタル
耐水性能5気圧
その他デイト表示

スペック面レビュー。

ケースサイズ40mmは日本人男性の平均手首回り(約16.5cm)にジャストサイズ。着用イメージは当記事に大量に載せているので参考にしてください。

風防にはサファイアクリスタルを使用。傷がつきにくいのは安心です。

そして耐水性能は日用生活用防水よりも強化されているものの、泳ぐのはもちろん水に入れたりするのも厳禁。雨程度なら問題なさそうです。

自動巻きムーブメントはSII(セイコーインスツル)の「NH35A」搭載。これはセイコー商品として出す場合「4R35」と呼ばれ、”プレサージュシリーズ”の一部で使われています。

その他のデザイン

日本製機械式ムーブメント搭載の「1820 Automatic」は全3種類。管理人は青針が印象的な”Steel / Two Toned”にしました。

機械式モデルは「1820 Automatic」の他にスイス製ムーブメントを使用している「1971 Automatic」とムーンフェイズの限定モデル「1988 Moonphase」の3種類。

機械式モデルの他に、クォーツモデル・クロノグラフモデル・ユニセックスモデルなど幅広く発売されています。一度公式HPを覗いてみてください。

ABOUT VINTAGE公式

 

アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」付属品と外観

めちゃくちゃ高級感あふれる&高そうな木製の化粧箱に入っています。
説明書は英語のみ。

 

ブランドロゴも控えめでシンプルなデザイン。青色の針とインデックスが素敵です。

 

秒針が独特で途中の○は文字盤中央の数字が見えるようになっています。おもしろい。

 

横から画像。
風防は少し丸みを帯びたドーム型になっていておしゃれ。

ただし、ドーム型の風防のせいで横から時刻の確認はしづらくなっています(横から確認することはないですけど)。

 

裏蓋は通常。ブランドロゴ、素材、防水性、キャリバーなどが記載されています。
裏スケ大好きな管理人は少し残念。

 

リューズ・ベルトのバックル部分にもロゴあり。

 

ベルトには茶色のクロコダイルレザーを使用。始めは少し硬めですが使っていくうちになじむと思います。

 

ベルトはワンタッチで簡単に取り外しできるようになっていて便利。

 

追加ベルトのプレゼントキャンペーンは青のスウェード素材にしました。針・インデックスと合わせるとおしゃれ感が一段とアップ。

追加ベルトは革・スウェード素材・NATOタイプ・シリコンなど10種類以上から選べるので、時計の表情を変えるにはもってこいです。

着用時の使用感レビュー

いろんな角度からのリストショット画像。
管理人の手首回りは約16.5cm。ケースサイズ40mmはジャストサイズですが、少し厚みがある分大きく見えてしまいますね。

 

横からの画像。ケース厚は少し厚めの11mmなのでぶつけないように注意。

 

ベルトが使い始めは馴染んでいないので浮いてしまいますね。
手首回り16.5cmぐらいだとベルト穴の余裕は2つ。

 

外でのリストショット画像を数枚。
見やすいですし青色の針もきれいに映えてます。

ベルト交換レビュー

追加ベルトのブルースエードベルトに交換。いい感じです。

追加のベルトの他にも、もしバネ棒を持っているなら手持ちの替えベルトに交換してみると表情が変わって気分転換に楽しめます。

ラグ幅(ベルト幅)は20mmなのでお間違いなく。

管理人手持ちのNATO2種類に交換してみました。

バネ棒は、Amazonや楽天市場でベルトを購入すると付いてくることが多いです。

NATOベルトのススメ|たった数百円で腕時計の雰囲気をガラッと変えられる!!の記事で管理人が使ってるNATOベルトを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれInstagramをチェック

公式のInstagramがあるので購入前にチェックしてみると、よりイメージが湧きやすいかもしれません。

いくつか載せておきます。

 

公式 Instagram aboutvintageofficial

 

アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」注意点

購入する前にいくつか知っておきたい注意点を紹介しておきます。

  • Amazonなどのネットショップ出店はなし
  • 説明書が英語のみ
  • 日本での知名度はあまり高くない

Amazonなどのネットショップ出店はなし

管理人が見た限りではAmazonなどのネットショップへの出品はありませんでした。公式のオンラインショップから購入してください。

もしかしたら今後は各ネットショップへの出品もあるかもしれません。

説明書が英語のみ

もともと日本向けの販路は少なそうなので仕方ないかな、といった感じですね。

日本での知名度はあまり高くない

腕時計で周りにドヤりたい方は『ロレックス』を買いましょう。

『アバウト・ヴィンテージ』は周りに見せびらかすブランドではなく、ブランドコンセプトやデザインに共感を持った方が買うブランドです。

 

アバウト・ヴィンテージの購入方法

公式HPでの購入方法を簡単に説明しておきます。とは言っても、普段からネットショップで購入されている方なら簡単です。

PCでの操作になります。
スマホでもだいたい一緒です。
購入方法
  • ステップ①
    公式ショップへ
  • ステップ②
    購入モデルを決める
  • ステップ③
    必要事項記入
  • ステップ④
    配送方法の決定
  • ステップ⑤
    支払方法の決定

<ステップ①>
公式サイトに移動

<ステップ②>

購入したいモデルと追加ベルトが決まれば[カートに追加]を選択。
間違いなければ[チェックアウト]をクリック。

<ステップ③>

メールアドレス・氏名・住所・電話番号を記入し[配送方法に進む]をクリック。

<ステップ④>

配送方法はそのまま(無料配送)でOK。
[お支払いへ進む]をクリック。

<ステップ⑤>

注文内容・情報に間違いがなければ[ご注文完了]をクリック。
クリック後、QuickPayに移動するので支払情報を入力すれば注文完了です。

 

アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」レビューまとめ

アバウト・ヴィンテージ「1820 Automatic」レビューと購入方法などを紹介しました。

  • 北欧ブランド
  • シンプルでミニマルなデザイン
  • 高級感のある作り

そんな腕時計を探している方には『アバウト・ヴィンテージ』はピッタリじゃないでしょうか。

追加ベルトのプレゼントキャンペーン中なので、1本買えば仕事にもプライベートにも活躍することは間違いなしです!

ABOUT VINTAGE公式

関連記事
関連記事
スポンサーリンク
腕時計
ずぶしろ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました