【画像有】NATOベルトの付け方・交換方法をわかりやすくご説明!

「NATOベルトに交換したいけどどうすればいいかわからない!」

そんな方けっこういらっしゃると思うんです。実際僕もそう思ってましたし、いろいろ試行錯誤しながら交換した覚えがあります。

そんな方にむけて、画像をたくさん使用してできるだけわかりやすくご説明していこうと思います。お困りの方にっとてこの記事が参考になれば幸いです。

※ご自身で外す場合、本体やベルト等に器具で傷がつくことがありますが、その責任は負いかねますので予めご了承ください。しかし、丁寧に作業すれば傷がつくことは稀ですのでご安心ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

まずはベルトを外します

ベルトを外すには「ばね棒外し」という道具が必要です。1,000円程度で売っていますので、今後ベルト交換する方は買っておいても損はないかもしれませんね。

さっそくはじめます

今回はラバーベルトのこのモデルを使って交換していきます。

こちらもレビュー記事を書いています。NATOベルトを装着してますので興味があればぜひ。

こちらの記事もどうぞ

①すき間にさす

②下げながら手前に引く

③ばね棒が飛ばないように気を付けながら外す

④完了

⑤反対側も外す

下準備は以上です。

バネ棒だけを本体に装着

さきほど外したばね棒だけを本体につけます。

最終的にはこんな感じになります。

これで準備が完了しました!

NATOベルトを着けていきます

準備ができたので、さっそくNATOベルトをつけていきましょう!

①長いほうを上にします。

②本体上部からベルトを通していきます

③本体の下を通して反対側から出します

④長いほうを短いほうの先端に通す

⑤長いほうを最後まで引く

これで完成。もう終わりです。

どうですか? 案外簡単でしょ?

装着方法

では無事に準備もできましたのでさっそく装着していきましょう。

①腕に乗せる

②手前のベルトを奥のベルトの先端に通す

③ほどよく引っ張ったら穴にとめる

④余った部分をベルト止めに通す

⑤長い場合は折り返してベルト止めに入れて完成!

長すぎる場合は

NATOベルトによっては長すぎる場合もあります。

今回記事にしたものは長すぎないので内側に折ってちょうどいいですが、長すぎる場合は外側に折ってもいい感じにまとまりますよ! 一度両方試してみてしっくりくるほうを選んでください!

最後に

NATOベルトへの交換方法をご紹介しました!

お手持ちの革ベルトの腕時計だと夏に使いにくいですよね? そんなときはNATOベルト交換して夏でも思いっきり使っちゃってください!

NATOベルトに変えるだけでカジュアル度が大幅にアップするので、Tシャツなんかとも相性抜群! ぜひ一度お試しください!

特にダイバーズウォッチはNATOベルトとの相性が良いので、下の記事も併せてご覧いただいて、気に入ったモデルがあれば嬉しいです!

こちらの記事もどうぞ

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*