【結婚式】フォーマルシーンでの腕時計マナーと、1つは持ちたいおすすめモデル【白文字盤/黒革ベルト/三針(二針)】

結婚式やお葬式でなどのフォーマルシーンにおいて、正しい腕時計のマナーはご存知ですか? きちんと守って着用していますか?

フォーマルシーンで服装や靴などにマナーがあるように、腕時計にもマナーは存在しています。ですが、服装などに比べ腕時計のマナーはあまり知られてないように思います。

もっと知ってもらいたい! 腕時計ファンとしてはシーンに応じて、きちんと使い分けてもらいたい!

というわけで、結婚式や披露宴、お葬式などのフォーマルシーンでの腕時計マナーと、フォーマルシーンのために1つは持っておきたいおすすめモデルをいくつかご紹介したいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

この記事はこんな人向け!
  • 結婚式などフォーマルシーンの腕時計マナーを知りたい方!
  • おすすめのモデルを知りたい方!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォーマルシーンでの腕時計マナー

先ほども申し上げましたが、フォーマルシーンでの腕時計マナーは服装や振る舞いのマナーに比べあまり浸透もしてませんし、意識もされていません。

ですが、きちんとしたマナーは存在しますのでご紹介します!

 そもそも腕時計はNG!懐中時計を使用

フォーマルシーンで腕時計の着用は本来はNGです!

これは、貴族たちのパーティや、富裕層たちのめちゃくちゃきちんとした集まりなんかのお話ですけどね。時間を確認したい場合は、腕時計の代わりに懐中時計を使用します。

懐中時計もデザインはできるだけシンプルで、大きくないものしかダメだそうですね。

 庶民は厳密に気にする必要はない

僕たち庶民が参加するようなフォーマルシーンは結婚式やお葬式などの冠婚葬祭がほとんどです。腕時計の厳密なマナーを気にする必要はないですよ。

しかし、最低限のマナーは守りたい!

Gショックのようなカジュアルウォッチをしていくのがふさわしくないことはわかりますよね?

 最低限のマナー「白盤面・黒革ベルト・三針(二針)」

懐中時計のようなガチガチのマナーを気にする必要はないけど、G-ショックのようなデジタル表示のカジュアルウォッチは避けたほうが無難。

できればファッション性の強いクロノグラフやダイバーズウォッチも避けたいところ。そしてスマホや携帯電話で時間確認なんてもっての外。

そこで、フォーマルシーンで選びたいのが「白盤面・黒革ベルト・三針(二針)」の腕時計。これが正解です。

日本では金属ベルトが圧倒的に多いですが、正装の腕時計にふさわしいのは革ベルトです。フォーマルシーンなら落ち着いた黒革一択。

盤面は白以外に選ぶ余地はなく、盤面のデザインもできるだけシンプルなものを選ぶべき。白の文字盤でも、ごちゃごちゃしたデザインはNGです。

こちらの記事もどうぞ

フォーマルシーンでの腕時計マナーは以上です。

どうですか? 簡単ですよね?

では、以上の注意点を踏まえて僕がおすすめするモデルたちをご紹介しようと思います。フォーマルシーンに備えて、1つは持っておきたいですからね!

気に入ったモデルがあればうれしいです!

フォーマルシーンにおすすめモデル

【セイコー】ドルチェ SACM171

ケースサイズ33.5mmと今どきには珍しく、かなり小さめに作られてます。しかも厚さも5.3mmと極薄。

上品でスタイリッシュなそのデザインで、手元を控えめながら存在感を演出すること間違いなしです!

スペック
  • ケース直径:33.5mm
  • ケース厚:5.3mm
  • 重さ:27g
  • ムーブメント:クォーツ
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:ー

【セイコー】プレサージュ SARX027

続いてセイコーからこちら。今回は機械式腕時計からこの1品。機械式のため少しケースサイズは大きくなってしまいますね。

ですが、こちらのモデル盤面が「琺瑯(ほうろう)」でできていて、実物を見てもらえればわかると思いますが、吸い込まれるような美しさです。

ぜひ一度店舗で実物をご覧ください!

スペック
  • ケース直径:39.2mm
  • ケース厚:12.8mm
  • 重さ:85g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:カーブサファイアガラス
  • その他:デイト表示

こちらの記事もどうぞ

【オリエント】オリエントスター WZ0251EL

僕の大好きなオリエントからはこれ!

パワーリザーブとデイト表示で、少しだけ盤面にデザインがあります。ですが、色味が抑えめのためフォーマルシーンでもいけると判断しました。

こちらも機械式のため少しだけ大きめですのでご注意を。

スペック
  • ケース直径:38.5mm
  • ケース厚:13.1mm
  • 重さ:60g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:クリスタルガラス
  • その他:デイト表示、パワーリザーブ

こちらの記事もどうぞ

【オリエント】海外モデル ER2K004W

オリエントから二品目は海外モデル。

海外モデルのため情報があまりなくてすみません。ですが、黒革ベルトに白の盤面+青の針が高級感をパワーアップさせていて、とても美しいです。

「他人と一緒は嫌だ!」って方は海外モデルがいいですよ!

スペック
  • ケース直径:37.5mm
  • ケース厚:12.2mm
  • 重さ:ーg(不明)
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:ー
  • その他:デイト表示

こちらの記事もどうぞ

【シチズン】クラブ・ラ・メール BJ6-011-10

シチズンからはこちらをご紹介。

シチズンには珍しく機械式時計です。「クラブ・ラ・メール」は1984年に誕生したシチズンのブランドで、2016年に約20年ぶりに復活しました。

ブランドコンセプトは「手の届く機械式時計」。そのコンセプト通り2万円台から購入できる機械式時計となっています。

「フォーマルシーンに青針はどうかな?」と思いましたが、それほど派手ではなく、むしろ青針が上品なので、紹介しました! ぜひ知ってもらいたかったですしね!

スペック
  • ケース直径:38mm
  • ケース厚:12.4mm
  • 重さ:63g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:ミネラルガラス
  • その他:デイト表示

こちらの記事もどうぞ

【ラコ】ヴィンテージ 861833

ラコはドイツの腕時計メーカー。

ドイツの腕時計メーカーはシンプルで無骨なイメージを持っているため僕好み。

12時位置のロゴ、3時位置のデイト表示、アラビア数字インデックス、とシンプルながら実用性とデザイン性も兼ね備えたモデルです。

スペック
  • ケース直径:38mm
  • ケース厚:11mm
  • 重さ:45g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:ミネラルクリスタル
  • その他:デイト表示

【ドゥッファ】ブリューワー DF-9011-02

こちらもドイツの腕時計ブランド「ドゥッファ」。

無駄のないクラシカルなデザインとドイツ時計ならではの職人の質実剛健さが特徴。最近僕が一番気になっているブランドです。

どのモデルもシンプルなデザインで完全に僕好みのブランドです。日本ではあまり有名ではないですが、ご紹介します!

スペック
  • ケース直径:38mm
  • ケース厚:10.5mm
  • 重さ:50g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:ミネラルガラス
  • その他:デイト表示

【ノモス】タンジェント TN1A1W2

ドイツの腕時計メーカー「ノモス」。タンジェントはノモスの定番のシリーズ。シンプルなデザインで僕は大好きです。

35mmのケースサイズ、6.2mmの厚さと機械式ムーブメント搭載していながら華奢な作りになっています。フォーマルシーンにはよく合いそうです。

スペック
  • ケース直径:35mm
  • ケース厚:6.2mm
  • 重さ:41g
  • ムーブメント:機械式(自動巻き)
  • 風防素材:サファイアガラス
  • その他:スモールセコンド

こちらの記事もどうぞ

おわりに

どうでしたか? フォーマルシーンでの腕時計マナーはきちんと押さえられましたか?

もう一度まとめると、

  • 厳密にいうと懐中時計
  • ごちゃごちゃしたデザインはNG
  • 「白盤面・黒革ベルト・三針(二針)」

です。

おすすめのモデルもご紹介しましたので、フォーマルシーンに備えて1つは準備しておきたいところですね!

こちらの記事もどうぞ

関連記事&広告
関連記事
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*