セイコー・シチズン・オリエントのおすすめ逆輸入(海外)モデルをまとめ

最終更新:2017年7月25日

セイコー・シチズン・オリエントは日本を代表する腕時計ブランドですが、海外で製造したものを日本に輸入する、いわゆる「逆輸入」したものがあるのはご存知ですか?

そして当記事をご覧いただいてるという事は、逆輸入モデルをお探しでしょうか?

逆輸入モデルをお探しとは、なかなかの腕時計ファン! 逆輸入モデルは、日本で作られてるモデルとは一味違ったデザインで面白いですもんね。

この記事はセイコー・シチズン・オリエント、日本を代表する腕時計メーカーの逆輸入モデルをまとめてご紹介しようと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人向け!
  • セイコー・シチズン・オリエントの逆輸入モデルをお探しの方!
  • どんなモデルがあるか知りたい方!
  • 他人とはちょっと違ったモデルをお探しの方!

※画面右下の矢印でこの記事の一番上まで戻ってこれます。

※オレンジの囲いは当ブログの関連記事です。ぜひそちらもご覧ください。

※⇩目次をつけていますので、気になったモデルがあればそこからご覧いただけます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも逆輸入モデルとは

ざっくりと簡単にご説明させていただきます。

逆輸入モデルとは

①日本から輸出したモデルを再び日本に輸入したモデル

②日本メーカーが海外で生産したモデルを日本に輸入・販売したモデル

のことを言います。

日本で作られたモデルにはない魅力的なデザインが多くあって、なかなか面白いですよ!

こちらの記事もどうぞ

セイコー

まずはセイコーから。セイコーを知らない人はほとんどいないですよね。

セイコーは海外モデルが豊富なことで知られています。「セイコー5」や「ダイバーズウォッチ」、「クロノグラフ」はめちゃくちゃ多くのモデルがありますよ!

セイコー5

機械式時計では破格の安さで有名な「セイコー5」。主に発展途上国をターゲットに製造されていて、現在は外国でのみ販売されています。

日本は正規取引がないため逆輸入といった形で主にネットやヨドバシカメラなどの一部店舗で購入可能です。

ほんとは全部紹介したいけどボリュームが多くなりすぎるので、代表的なものをいくつかピックアップ。

レギュラーシリーズ(SNK、SNXなど)

一番種類が多いのがこのシリーズ。シンプルなデザインでオンもオフもどっちもいけます。価格も1万円前後のものが多く、セイコー5の入門機的存在。

一部のモデルは手巻き機能やハック機能(龍頭を引いたときの秒針ストップ機能)が付いていないモデルもあるため、購入時は注意してください。

SNK357KC
SNK805K2

スポーツ(SNZF、SNZH、SRPなど)

セイコー5で人気なのがダイバータイプ。

本格的なダイバーウォッチではないですが、デザインの良さ低価格でコレクションしている人もいるぐらいです。ほかにもミリタリー風やワールドタイムなどの種類が人気です。

こちらも一部のモデルは手巻き機能やハック機能ついてないので注意。

SNZF17JC
SNZH53JC(通称ファイブ・ファゾムス)

超高級腕時計ブランド”ブランパン”の「フィフティ・ファゾムス」に似ているので、ニックネームが「(フィフティ)ファイブ・ファゾムス」と呼ばれています。黒もあるのでお好みでどうぞ。

SKZ211J1(通称ブラックアトラス)

色違いでブルーアトラス(SKZ209J1)、ホワイトアトラス(SKZ207J1)があります。どれもかっこいいですよ!

SNZG11J1

こちらの記事もどうぞ

クロノグラフ

日本ではなかなかお目にかかれないクロノグラフタイプもあります。

お値段もお買い求め安い値段ですよ!

SSB031PC

SNDC89PD

SNDC87PD

ダイバーズウォッチ

セイコー逆輸入モデルと言えばこのダイバーズウォッチ!

セイコーのダイバーズウォッチは日本のみならず、世界中の腕時計ファンに愛されています!

SKX779K(ブラックモンスター)

通称”ブラックモンスター”。

海外向けにスペックダウンして販売したのがこのブラックモンスター。人気が出すぎて、国内用に製造・販売が始まるくらいです。

こちらは”ファーストモンスター”。その名の通り初代です。重厚感がすごいですね。

同じスペックで「オレンジモンスター」があるのですが、なかなか見つからない。型式は「SKX781K」。こちらもかっこいいので、見つけたら購入を検討してほしいです!

SRP307(シャークトゥースブラックモンスター)

通称「シャークモンスター」。インデックスがサメの歯のようです。

SRP637K1(フランケンモンスター)

通称”フランケンモンスター”。海外では”ベビーツナ”とも呼ばれています。

ネイビーボーイ、ブラックボーイ、オレンジボーイ

モンスターシリーズと並び、海外で人気なのがボーイシリーズ。製造した国によって型式が少し変わります。

日本で製造されたものは末尾のローマ字が「J」になって、文字盤6時位置に「MADE IN JAPAN」の文字が入ります。そして値段も少し高くなりますので、ご注意を。

購入レビュー記事を書きました。金属ベルトではなくウレタンベルトにしました。NATOベルトに変更した画像もあります!

レビュー記事はこちら
SKX007KD(ブラックボーイ)
SKX009KD(ネイビーボーイ)
SKX011J1(オレンジボーイ)

こちらの記事もどうぞ

シチズン

お次はシチズン。こちらはソーラー電波時計で有名ですよね。

世界中にファンが多く、海外モデルも現地の生活に合わせたものが多数あります。デザインが一味違うので面白いです!

 デュアルタイム AO3008-07A

デュアルタイムで2か国の時刻が丸わかり! 白×金とオールブラックのカラーバリエーションです!

AO3008-07A

AO3009-04E

 グランドツーリング

どこかで見たデザインじゃないですか?

そう! 高級時計の「パネライ」そっくり! 値段は3分の1ぐらいですけどね!

NB0075-11F

NB1031-53L

 ナイトホーク

名前がかっこいいですね! デザインも日本のシチズンにはない個性的なものになっています!

CA0295-58E

BJ7010-24W

BJ7000-52E

 エコドライブ プロフェッショナルダイバー

「エコジラ」のニックネームで親しまれています。ゴジラをもじってます。かなりのデカ厚時計なので着ける人を選びそう。

BJ8050-08E

オリエント

当ブログ管理者の僕が大好きなオリエントです! 好きすぎて個別記事を書いてますので、お時間がある方はそちらもぜひご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

一言だけ言わせてください。

日本メーカーでありながら知名度が今一つ、でも海外では人気を誇るちぐはぐな感じがたまらなく好きです。

こちらも魅力的なモデルがたくさんあっておすすめです!

バンビーノ

シンプルなデザインで高級感を感じる一品。

SAC00004B0

黒のデザインは、歌手で俳優の星野源さんが着用している(かもしれない)ので調査していました。気になる方は下の記事もご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

カラーバリエーションは豊富です。下に紹介している以外にもまだまだあります。

SAC00002W0

SAC08002F0

マコ

オリエントのオートマティック本格ダイバーズウォッチです。紹介するのは新型のMakoⅡです。ハック機能と手巻きを実装。

SAA02001B3

SAA02009D3

SAA02002D3

レイ

レイはマコとスペックは同じです。インデックスが四角ならマコ、丸ならレイですのでお好みでどうぞ。希少性から値段はレイのほうが高めです。

FAA02003B

サン&ムーン

サン&ムーン(昼と夜がわかる機能)が施されたモデル。

WV0381ET

WV0391ET

SET0T002B0

こちらの記事もどうぞ

さいごに

いかがでしたでしょうか?

日本で作られたモデルにはあまりないような、少し変わったデザインが多かったのではないですか? 特にシチズン!

この記事で紹介しているモデルを見た方は「面白い!」とか「魅力的だ!」と思ってくれているはず!

この記事を書いてる途中からどうしても欲しくなって来ました。腕時計って「何を買おうか?」って悩んでいる時間が最高に楽しいですよね!

紹介したモデルの中に気に入ったものがあれば嬉しく思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ

関連記事広告
こちらの記事も読まれてます
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*